地熱・水力 etc

「波力発電」が世界初の実用化へ向けてついに始動!

波力発電とは、波の上下運動を利用した発電システム。実用化に向けて世界各国で研究が進められているが、コストや海洋の環境問題などから、いまだ発展途上の段階である。しかし、四方を海に囲まれた日本に適した発電方法として、国内では次世代型エネルギーとしての期待も高い。

課題だった環境問題とコストを解決
早期実用化に向けて大きく前進

これまで、環境汚染や安全性、運用効率といった数多くの問題から、なかなか実用化に至らなかった波力発電だが、それらの課題をクリアした実証機のプロトタイプが完成した。商用型の波力発電設備としては世界初。開発を手がけたWave Energy Technology(ウェーブ エナジー テクノロジー)株式会社は、2017年5月下旬、神戸市で実証試験の結果を公開。数年以内の実用機稼働を目指すと発表した。

「浮遊型波力発電設備(グリーンパワーアイランド Green Power Island=GPI)」(以下GPI)と名付けられたシステム機は、沖に浮かべる浮遊式。海底に固定する必要がないため、環境破壊や汚染といった問題を防ぐことができる。また、GPS(全地球測位システム)を導入して、波に煽られても自動で元の位置に戻るように制御。遠隔での監視や操作で、点検時以外はほぼ無人化を可能にして運用コストを抑えた。


10kWの発電能力を持つGPIの実証1号機。直径1.4m×全高13.9mで、重量は6.8トンある。

12

関連記事

2017/02/26 | 政策・マーケット

再エネ利用は農山漁村を救えるのか?

アクセスランキング

  1. 太陽光FIT制度、既存案件の買取金額を減額へ! 「未稼働案件」対象に
  2. 大手企業が続々と電力シフト、いよいよ再エネが巨大マーケットに?
  3. 丸紅が石炭火力の権益を「2030年までに半減」と公表、その理由は?
  4. 台風20号で淡路島の風車が倒壊、日本の風車は果たして”危険”か?
  5. 放っておくと“発電停止”に!? 低圧ソーラー20年運用O&Mが必須な理由
  6. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  7. 九州電力が国内初の出力制御を実施! 「再エネの主力電源化」へ課題
  8. 「HEMS × 蓄電池 × V2H」という住宅の新発想
  9. 住宅用太陽光「パネル貼り替えて再FIT契約」は認められず!
  10. 卒FITに関する意識調査、期間満了後どうなるのか理解しているのは4割

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース