地熱・水力 etc

「波力発電」が世界初の実用化へ向けてついに始動!

波力は効率の良い自然エネルギー
日本の製造技術を駆使した新発電方式

波によって生み出されるエネルギー密度は、太陽の約20倍、風の約4倍にもなるといわれている(平成22年:東京都環境局「波力発電検討会報告書」より)。GPIは最低50cmの高さの波があれば発電できるため、発電にかかるコストも5~7円/kWh程度だという。また、海洋は枯渇の心配がなく、発生する波も太陽光や風力のように天候の影響がほとんどないため、安定的な電力の供給が可能だ。

今回導入した発電システムの原理はイタリアで誕生したものだが、設計、製造は日本の近畿圏内の企業がそれぞれ担当した。実証機の発電機や位置制御用装置などは欧州製のものを使用しているが、その一部を日本国内でさらに改良、ほか多くの部品が日本製だ。実用化の際には、ほぼ国内産の部品で製造する予定だとしている。

波力発電は、地方自治体や中小企業にとっても、エネルギーの地産地消ビジネスに参入するための間口が広がる新しい技術。Wave Energy Technology株式会社では今後、日本国内における「波力発電プロジェクト」の立ち上げをバックアップし、波力発電のメジャー化を進めていく方針だ。


GPI実証機の概要図(出典:Wave Energy Technology)


Wave Energy Technology株式会社
東京都港区虎ノ門3-10-3 虎ノ門MTビル 5階
TEL:03-6452-8988
HP:http://www.we-tech.jp


取材・文/児玉菜穂子(micro*cubic)

12

関連記事

2017/02/26 | 政策・マーケット

再エネ利用は農山漁村を救えるのか?

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  3. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  4. 大好評「PVビジネスセミナー」9/24(火)に大阪で開催!
  5. 電力会社が再エネに注力! 重い腰が上がり始めた背景とは(前編)
  6. 経産省、「発電側基本料金」の導入へ! 全発電種にkW一律の課金・調整措置の行方は?
  7. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  8. 家で発電したい人必見!超オトクに自家発電できる強い味方
  9. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  10. あなたは知ってる? 小型風力発電の3つの注意点

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.30 / ¥0
2019年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース