注目キーワード

地熱・水力 etc

2020年度FITの概要をチェック!~風力発電は入札対象が拡大~

昨年度、FITの抜本的な見直しが議論され、今年度はまだ全ての電源においてFITは続く。動き出した2020年度FITの概要を電源ごとに整理。今回は風力発電についてみていく。

着床式洋上風力が
今年度から入札の対象に

風力発電については、着床式洋上風力が入札の対象となった。陸上風力に関しては、新規案件が19円/kWhから18円/kWhに下がった。陸上のリプレース案件は16円/kWh、浮体式洋上風力は36円/kWhで、2019年度のまま据え置きとなっている。 

2019年4月に、「再エネ海域利用法」が施行された。これを契機として、環境アセスメント手続き中の洋上風力案件が急増しており、一般海域内のみの累計で約13GWに達している。「この状況を踏まえれば、着床式洋上風力全体について、既に十分な競争環境が成立していると考えられる」として、着床式洋上風力に関しては、2020年度から入札制に移行することとなった。


取材・文/廣町公則

SOLAR JOURNAL vol.33(2020年春号)より転載

関連記事

© Schmidt Hammer Lassen Architects

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  2. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  3. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  4. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  5. 2021年夏、予備率3%台が予想されるエリアも。冬季の需給見通しも厳しく
  6. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  7. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  8. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  9. 【続報】発電側基本料金、電力量にも課金へ。容量課金とは1対1の比率
  10. 未稼働案件のFIT認定失効制度、運転開始期限を見直し。太陽光以外にも適用...

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.37 | ¥0
2021/4/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース