注目キーワード

地熱・水力 etc

2020年度FITの概要をチェック!~風力発電は入札対象が拡大~

昨年度、FITの抜本的な見直しが議論され、今年度はまだ全ての電源においてFITは続く。動き出した2020年度FITの概要を電源ごとに整理。今回は風力発電についてみていく。

着床式洋上風力が
今年度から入札の対象に

風力発電については、着床式洋上風力が入札の対象となった。陸上風力に関しては、新規案件が19円/kWhから18円/kWhに下がった。陸上のリプレース案件は16円/kWh、浮体式洋上風力は36円/kWhで、2019年度のまま据え置きとなっている。 

2019年4月に、「再エネ海域利用法」が施行された。これを契機として、環境アセスメント手続き中の洋上風力案件が急増しており、一般海域内のみの累計で約13GWに達している。「この状況を踏まえれば、着床式洋上風力全体について、既に十分な競争環境が成立していると考えられる」として、着床式洋上風力に関しては、2020年度から入札制に移行することとなった。


取材・文/廣町公則

SOLAR JOURNAL vol.33(2020年春号)より転載

関連記事

© Schmidt Hammer Lassen Architects

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 「カーボンプライシング」とは何か? 小泉環境相、年明けから検討再開の意向...
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. 【2021年度FIT】調達価格や入札対象の検討スタート。FIP対象区分も
  6. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  9. 米気候変動政策、バイデン政権で環境分野へ巨額投資か。NEDOが予想
  10. 菅首相、所信表明で「2050年に温室効果ガス排出ゼロ」を宣言

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.35 | ¥0
2020/10/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース