政策・マーケット

アップルもイケアも再エネ100%が目標! 日本は!?

「RE100」に加盟する企業のロゴ

世界有数のエネルギー企業も
再エネビジネスにシフト

午後のセッションでは、「飛翔する世界の自然エネルギー」などをテーマに、ドイツ、フランス、アメリカ、中国、サウジアラビアなどから多彩なスピーカーが登壇した。なかでも聴衆の関心を集めていたのが、フランスに本拠を置くエンジー社のルペック副社長だ。
エンジーは、ガス・電力供給量で世界第 2 位の「GDF スエズ」が 2015 年に社名を変更した企業。変更の理由は、化石燃料から自然エネルギー、エネルギー効率化ビジネスへの転換を明確に示すためだったという。米国において870 万kW の石炭発電、ガス発電を閉鎖するなど、再生可能エネルギービジネスへの転換を進めている現状とその意義を語った。

この他、米ロッキーマウンテン研究所のエイモリー・B・ロビンス博士が、再生可能エネルギーの急拡大が進む中国の未来像を提示。国際再生エネルギー機関(IRENA)のドルフ・ギーレン氏が、G20各国のエネルギー転換への道程などをリポートした。他にも、世界風力発電協会、ドイツ・アゴラエナギーヴェンデ、米国立再生可能エネルギー研究所(NREL)、中国再生可能エネルギー産業協会など世界有数の機関からキーパーソンが集結し、熱い議論を戦わせた。

日本からは、環境省の小林正明事務次官、経済産業省資源エネルギー庁の藤木俊光省エネルギー・ 新エネルギー部長らが登壇。再生可能エネルギーの普及拡大が進む世界の動向を踏まえ、日本の気候変動対策、エネルギー政策をどう展開していくかを論じた。

シンポジウム参加者は、国内外からのべ650名。エネルギー関連企業を中心に、自治体、研究者、政策立案者、各国大使館、NGOなど、再生可能エネルギーに関わる幅広い層の人々が集った。


取材・文/廣町公則

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 電力会社が再エネに注力! 重い腰が上がり始めた背景とは(前編)
  4. 大好評「PVビジネスセミナー」9/24(火)に大阪で開催!
  5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 経産省、「発電側基本料金」の導入へ! 全発電種にkW一律の課金・調整措置の行方は?
  8. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  10. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.30 / ¥0
2019年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース