政策・マーケット

改正FIT時代を生き抜く PVビジネスの新トレンド

ついに改正FIT法が施行され、PV業界に高い事業性が求められる時代が幕を開けた。ソーラージャーナルは4月26日、『改正FIT開始直後スペシャル』と題し、第4回となるPVビジネスセミナーを開催。当日の様子をお届けする。

太陽光発電(PV)は、基幹電源にステップアップするためのターニングポイントを迎えている。PVの普及を支えてきた固定価格買取制度(FIT)が法改正され、この4月、改正FIT法として新たなスタートをきった。新FIT時代を生き抜くために、PV事業者は、いま何をなすべきなのか?

ソーラージャーナルは4月26日、第4回PVビジネスセミナー「改正FIT開始直後スペシャル」を開催した。講師を務めたのは、官民のPVエキスパート7名。

改正FIT法の制度設計に携わった経済産業省資源エネルギー庁新エネルギー課の呉村益生課長補佐、世界の再生可能エネルギー事情を知悉する環境エネルギー政策研究所(ISEP)の飯田哲也所長、ソーラーシェアリングの生みの親として知られるCHO技術研究所の長島彬代表ほか、注目企業4社(ジンコソーラー、ソーラーエッジ、ファーウェイ、ウェーブエナジー)からの各代表が、これからのPVビジネスの方向性を指し示した。

改正FIT法によって、PV事業者には、事業計画の策定など新たな義務が課せられることになった。一方で、法改正の狙いがどこにあるのかを見定めきれず、その対応に戸惑う事業者も少なくない。

しかし、PVビジネスに、これまで以上の高い事業性が求められていることだけは間違いない。厳しさを増す新FIT時代にあって、何に力を入れ、どこを目指していくべきなのか? この日のセミナーから、得られたヒントは多岐にわたった。

ソーラージャーナル主催PVビジネスセミナーは回を追うごとに参加者を増やし、第4回となる今回は全国各地から約230名が参集。EPC、メーカー、販売施工会社などPV関連事業者が幅広く集い、情報交換の機会にもなった。セミナー後には親睦会が開催され、参加企業同士の商談にも結びついていたようだ。

123

関連記事

2017/02/06 | 政策・マーケット

FIT新時代の“質”の高い事業とは!?

2016/07/28 | 政策・マーケット

業界人が語る太陽光発電の20年先の未来

アクセスランキング

  1. 太陽光FIT制度、既存案件の買取金額を減額へ! 「未稼働案件」対象に
  2. 大手企業が続々と電力シフト、いよいよ再エネが巨大マーケットに?
  3. 丸紅が石炭火力の権益を「2030年までに半減」と公表、その理由は?
  4. 台風20号で淡路島の風車が倒壊、日本の風車は果たして”危険”か?
  5. 放っておくと“発電停止”に!? 低圧ソーラー20年運用O&Mが必須な理由
  6. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  7. 「HEMS × 蓄電池 × V2H」という住宅の新発想
  8. 九州電力が国内初の出力制御を実施! 「再エネの主力電源化」へ課題
  9. 住宅用太陽光「パネル貼り替えて再FIT契約」は認められず!
  10. ZEH時代を生き残るための蓄電池戦略「まっち」

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース