政策・マーケット

改正FIT時代を生き抜く PVビジネスの新トレンド


ファーウェイジャパン スマートソーラー事業部
伊里奇

全世界18万人の従業員のうち8万人が研究開発部門に属し、総売上の15.1%を研究開発費に充てているというファーウェイ。その優れた技術基盤とグローバルなサービス基盤をベースに、「日本企業と共に世界を視野に成長していきたい」とアピールし、今後の事業戦略を示した。


CHO技術研究所 代表
長島彬

農地の上で太陽光発電を行う「ソーラーシェアリング」。その理論を構築し、数々の案件指導を行ってきた長島彬氏が、ソーラーシェアリング成功の秘訣をレクチャー。パネルの角度を1時間ごとに少しずつ動かし、最適な日射を得る「スマートターン」という最新システムについても解説した。


ウェーブエナジー 取締役副社長
本家正雄

「収益を増やすためには、発電効率を上げることが第一」との考えのもと、PV事業を幅広くサポートするウェーブエナジー。メガソーラーに必要な機器を一体化した「SOLAR SPEC」や、広範なビッグデータを活用した支援システムなど、同社ならではの製品・サービスを紹介。

ビジネスチャンスに直結する
親睦会も大盛況!


今回もネットワーキング食事会(親睦会)を同日夜に開催。多くの業界関係者が参加し、それぞれ新たなビジネスパートナーと出会う機会となった。

 

次回のセミナーは8月3日(木)に開催決定。申込み受付中!

 


取材・文/廣町公則

123

関連記事

2017/02/06 | 政策・マーケット

FIT新時代の“質”の高い事業とは!?

2016/07/28 | 政策・マーケット

業界人が語る太陽光発電の20年先の未来

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 電力会社が再エネに注力! 重い腰が上がり始めた背景とは(前編)
  4. 大好評「PVビジネスセミナー」9/24(火)に大阪で開催!
  5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 経産省、「発電側基本料金」の導入へ! 全発電種にkW一律の課金・調整措置の行方は?
  8. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  10. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.30 / ¥0
2019年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース