政策・マーケット

太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」12/13開催

SOLAR JOURNAL主催 第7回PVビジネスセミナー、史上最大規模で2017年12月13日(水)開催決定! 申込み受付中!


〈セミナーは終了しました〉
 

SOLAR JOURNAL主催
第7回 PVビジネスセミナー
2018年の再エネ市場を徹底予測
政策動向 事後的過積載 O&M市場分析
ソーラーシェアリング 調達コスト FIT価格 

固定価格買取制度(FIT)の改正を機に、太陽光発電は国の電力供給をを支える基幹電源にステップアップするための重要なターニングポイントをむかえています。買取価格の変更に伴い、投資だけを目的とした業者が淘汰され、プロフェッショナルとして太陽光発電に向き合う「真のPV業者」が、必要となってきます。

『SOLAR JOURNAL』は、これまで多くの取材をするなかで、改正FIT法後も勝ち抜けるビジネスのヒントやキーパーソンと数多く出会ってきました。

そこで得た「活きた情報」を、日々ご精読いただいている皆様に直接お届けするために、無料セミナーを開催いたします。

■ 過去のPVビジネスセミナー レポート

2017年8月開催「改正FITから3ヶ月でみえた! 次の「太陽光トレンド」」
2017年4月開催「改正FIT開始直後スペシャル」
2016年11月開催「FIT新時代の“質”の高い事業」
2016年9月開催「改正FIT法の正しい使い方」
2016年6月開催「PVJapan2016直前セミナー」

・12/7(木)更新:講演テーマ、タイムスケジュール情報を更新しました。
・12/7(木)更新:ネットワーキングパーティ(懇親会)の受付を締め切りました。
・11/8(水)更新:講演内容(登壇者)の情報を更新しました。

【開催概要】
日時:2017年12月13日(水) 13:00~18:20(予定) / 受付開始 12:30
場所:コクヨホール
東京都港区港南1丁目8番35号(JR品川駅港南口/東口から徒歩5分)

※駐車場はご用意しておりません。公共交通機関をご利用ください。

対象:販売・施工店、EPC企業およびシステムインテグレーターの皆様
参加費:無料(事前予約制)

主催:ソーラージャーナル編集部(株式会社アクセスインターナショナル)
特別協賛:アンフィニ株式会社、ジンコソーラージャパン株式会社、ソーラーエッジテクノロジージャパン株式会社、LONGi Solar Technology株式会社 ほか

【講演内容】
FIT価格/政策動向/事後的過積載/O&M市場分析/ソーラーシェアリング/調達コスト
※講演テーマは変更となる場合がございます。

■登壇者

慶應義塾大学 経済学部 教授
金子 勝



1952年生まれ。東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。法政大学経済学部教授などを経て、現職。専門は財政学、制度の経済学。

講演テーマ「地域活性化をもたらすイノベーションの方向性」

公益財団法人 自然エネルギー財団 常務理事
大野輝之



1979年東京都入庁。日本初のキャップ&トレード制度導入など、国に先駆ける都の環境政策を牽引。2013年11月より現職。国の「長期低炭素ビジョン」策定などに参画。ソウル国際エネルギー諮問委員会委員。東京大学非常勤講師。

講演テーマ「世界に広がる自然エネルギー100%の潮流」

ヨーロッパ・ソーラー・イノベーション株式会社 代表取締役
土肥宏吉



一橋大学商学部卒。遠心分離機メーカーで海外プロジェクトに従事後、ドイツで太陽光関連企業を設立。12年7月、ESI設立。

講演テーマ「今後の太陽光市場でのビジネスチャンス」

農林水産省 林野庁 林政部 木材利用課長
玉置 賢



1994年 農林水産省入省(林野庁配属)。水田農業政策、農地政策、畜産政策、消費安全政策、農業の担い手政策等を担当。 また、新潟県川西町(現十日町市)、宮崎県庁等に出向。2016年8月より現職。

講演テーマ「木質バイオマスのエネルギー利用と木材の需要拡大の取組について」

▼プログラム(クリックでPDFが開きます)

 

■ セミナー終了後、ネットワーキングディナー(懇親会)を行います!

※抽選結果は12月8日(金)にメールにてご案内いたします。
時間:セミナー終了後(18:30予定)~2時間程度
会場:トゥリパーノ/TULIPANO (セミナー会場から徒歩約3分)
内容:食事会(立食形式、フリードリンク)
参加費:無料/抽選制
申込締切:12/6(水)(当落発表:12/8(金))
※セミナーにご参加いただいた方のみご参加いただけます。

 
 

【申込方法】
下記、申し込みフォームの各項目にご入力いただいた後、「送信する」ボタンをクリックしてください。
社内で複数人ご参加される場合も、お一人ずつお申込みをお願い致します。

※10/16(月)開催の弊誌主催セミナーにて申し込みされた(申込用紙に記入した)方は、下記フォームからのお申し込みは不要です。10月中に『参加申込 完了メール』をお送りいたします。
 

↓↓ご確認お願い致します!↓↓

【注意事項】
※フォーム送信後、ソーラージャーナル編集部より『【12/13開催 PVビジネスセミナー】参加申込 完了メール』が送られます(自動返信)。メールが届かない場合は、お問い合わせフォーム よりお問い合わせください。
※ネットワーキングディナー(懇親会)へのご参加は抽選となりますので、ご参加いただけない場合がございます。
※ご登録いただいた情報は、協賛企業全社に提供いたします。

 

SOLAR JOURNAL主催
第7回 PVビジネスセミナー
申し込みフォーム

事前登録の受付は終了しております。
お問い合わせは下記ソーラージャーナル編集部までお願い致します。

 

【問い合わせ】
ソーラージャーナル編集部
(株式会社アクセスインターナショナル)
TEL:03-3403-3335(平日10:00~19:00)
» お問い合わせフォーム

関連記事

アクセスランキング

  1. 大容量&低価格、テスラの新・家庭用蓄電池!
  2. 【速報】太陽光発電の「入札」結果が明らかに!
  3. 「HEMS × 蓄電池 × V2H」という住宅の新発想
  4. 来年度FIT激変、バイオマス発電に「入札」を導入!
  5. 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」4/11開催
  6. 2017年度、これが新FIT買取価格だ!
  7. あなたは知ってる? 小型風力発電の3つの注意点
  8. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  9. なぜ日本では「風力発電」導入が遅れているのか?
  10. 再エネが繋げない? 送電線「空き容量ゼロ」は本当か
SMA CO2O

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.24 / ¥0
2018年1月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース