政策・マーケット

超満員!気になるインド最大の太陽光展覧会の内容は?

「Intersolar India 2017」が2017年12月5日から7日にかけて開催された。インド最大の太陽光発電関連の展示会は、異常気象にも関わらず予想を越えた来場者数を迎え、大盛況のうちに幕を閉じた。

予想を越えた来場者数
インド市場の熱気を感じる

2017年12月5日から7日にかけて開催された「Intersolar India 2017」は、開催9年目となる、インド最大の太陽光発電関連の展示会だ。今年は乾期にも関わらず雨が降るという異例の状態での開催となったが、蓋を開けてみると最終来場者数は13,000人を越え、当初の予想を10%も上回る結果となった。

展示を熱心に見つめる来場者たち

会場では、30を超えるパネルディスカッションやプレゼンテーションも開催。太陽光関連業界のプロフェッショナルたちが集まり、マイクログリッドやE-モビリティについて討論が交わされた。また、ネットワーキングイベントである「Solar Power Developers Night」は、チケット売り切れの満員となり、多くの人々にとって商談のチャンスになったという。更に、同時開催のIntersolar India Conferenceには800名を越える参加者と109名の登壇者が登場した。

Intersolar India Conferenceの登壇者、Kuljit Singh Popli氏(左)とShri. Upendra Tripathy氏(右)

受付では「SOLAR JOURNAL 英語版」も配布。また、Mercom India社がインドの太陽光発電関連市場を分析した白書「INDIA SOLAR MARKET – DECEMBER 2017」を公表し、来場者の多くが冊子を手にした。こちらは、Intersolar Indiaウェブサイト上でも特別にダウンロードすることができる(公式サイト特設ページ)。

勢いのあるインド市場から、今後も目が離せない。

DATA

INTERSOLAR INDIA

関連記事

アクセスランキング

  1. 10/22開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  2. 九州電力が国内初の出力制御を実施! 「再エネの主力電源化」へ課題
  3. O&Mは「資産価値向上」がポイント! セカンダリー市場で求められること
  4. 注目の「太陽光発電+蓄電池」イベントが、10月29日から大阪で開催!
  5. 太陽光FIT制度、既存案件の買取金額を減額へ! 「未稼働案件」対象に
  6. ISEP飯田氏が紐解く「再エネのパラダイムシフト」新たな対立とは
  7. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  8. 水上太陽光発電市場、ポテンシャルは「無限大」!?
  9. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演
  10. 【講演ダイジェスト】FIT10円台・送電線空き容量問題 再エネビジネスの明日
アクシア SMA Jinko Solar LONGi SOLAR

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.26 / ¥0
2018年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース