政策・マーケット

安田教授が指摘! 化石燃料の”隠れ”コスト

再エネ導入において重要な点となるコスト。しかし、直接的なイニシャルコストやランニングコストの他に「外部コスト」を計算に加えている人は少ないのではないだろうか? 送電線の空き容量問題に鋭く迫り話題となった安田京大特任教授は、外部コストについて、より議論されるべきだと主張する。

外部コストを考えれば
再エネは圧倒的に安い

外部コストは、隠れたコストとも呼ばれ、市場取引の価格に反映されないコストです。

分かりやすい例で言えば、農薬たっぷりの野菜は育てる方がラクで安く売れるかもしれませんが、農薬による土壌汚染や健康被害が発生しないともかぎりません。その土壌汚染や健康被害によって生じるコストこそ、外部コストです。負の外部コストとは、「他人に迷惑をかける度合い」と言ってもよいでしょう。

この外部コストを織り込んで考えれば、農薬まみれの野菜は、実は高くつくものだということが分かります。電源のコストについても同じです。

日本では、再エネは高く、石炭火力は安いということになっていますが、そこに外部コストはほとんど含まれていません。国際的には、気候変動に関する政府間パネル (IPCC) の調査において、再生可能エネルギーは他の電源に比べて桁違いに外部コストが低いことが明らかになっています。言い換えれば、石炭火力は再エネの100倍以上の外部コストを発生させながら、安い電源と見做されているのです。

日本では、こういうことがほとんど議論されないまま、目先のコストだけが取り沙汰されています。しかし、各電源のコストを比較する際には、外部コストも組み入れて考えるべきなのです。

とはいえ、再エネも外部コストがゼロではありません。景観や騒音など、地域住民とのトラブルも報告されています。再エネだから良いと安易に構えていることは許されません。より一層、外部コストを下げていく努力を自ら行っていくことが、消費者の信頼を得るためにも必要なことでしょう。

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  2. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  3. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  4. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  5. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  6. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  7. 住宅用太陽光に新機軸、パネル1枚からでも設置可能に!
  8. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  9. 2030年度には電力小売事業の「PPA」が市場規模400倍に
  10. FIT買い取り期間終了後はどうなる? 再エネ自立化へ向け自家消費が牽引
  アンプトジャパン ソーラーエッジ タイゴエナジー ジンコソーラー ライセンエネルギー  

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース