注目キーワード

政策・マーケット

30%超の公立小中学校が太陽光設置! 3年間で6ポイント以上アップ!

文部科学省によると、2018年5月現在、公立小中学校の31.0%に太陽光発電が設置されているという。2015年の前回調査時から、3年間で6.4ポイントアップした。また、自立運転機能付きの再エネ設備の割合も上がっている。

全国の公立学校施設を調査
太陽光発電の設置率は31%

文部科学省が、12月4日、「再生可能エネルギー設備等の設置状況」を公表した。

これは、環境を考慮した学校施設(エコスクール)の整備推進を目的として、全国の公立学校施設の調査結果をまとめたものだ。調査対象となった公立学校施設は、幼稚園(幼保連携型認定こども園を含む)、小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校。

これらの施設に対して、再エネ設備(太陽光発電設備、風力発電設備、太陽熱利用設備、バイオマス熱利用設備、地中熱利用設備、燃料電池、雪氷熱利用設備、小水力発電設備、バイオマス発電設備)の設置状況を調査した。

その結果、5月1日現在、公立の小中学校のうち31.0%が、太陽光発電設備を設置しているという。前回調査時(2015年)は24.6%だったため、この3年間で6.4ポイント増加したことになる。


再生可能エネルギー設備等の設置数の推移(小中学校)(出典:文科省)

また、公立の小中学校に設置されている再エネ設備などのうち、停電時でも使用可能な機能(自立運転機能)を有している設備の割合は、58.6%。こちらは、前回調査時から14.1ポイント増となった。


停電時でも使用可能な再生可能エネルギー設備等の設置数(小中学校)(出典:文科省)

このように再エネ設備は、公立学校施設へと着実に普及しつつある。再エネ、ひいては持続可能な社会について、幼い頃から学ぶのは重要なこと。学校に太陽光発電をはじめとする再エネ設備があれば、子供たちの関心も高まるはずだ。引き続き、より一層の普及が期待される。

DATA

文部科学省

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. グリッドコードとは? 太陽光発電事業者も知っておくべき系統運用の新ルール...
  2. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  3. 最新情報を施工管理アプリANDPADで共有・連携! 管理件数と粗利率を同時にアップ!...
  4. 太陽光発電設備が水害にあったら? 豪雨への備えは?
  5. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  6. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. 新電力の撤退相次ぐ。電力契約のセーフティネット「最終保障供給」とは?...
  9. 今、電気料金の「値上げ」を認めるべき理由
  10. 電気事業法50年に一度の大改正へ! 配電事業者の免許制には賛否両論

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.42 | ¥0
2022/7/29発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース