政策・マーケット

卒FITビジネスが熱い! 電力買い取りや蓄電池システムに注目すべき理由は?

「自家消費」というソリューション

卒FIT電力の買取価格(家庭からみれば売電価格)は、前ページでみたとおり7円〜12円/kWh程度で落ち着くことになりそうだ。電力会社から供給される電気の料金は20円〜30円/kWh程度だから、やはり売電するよりも自家消費をした方がお得になる。

しかし、太陽光発電システムだけでは、日中しか自家消費はできない。昼に発電した電気を夜間に使おうと思ったら、蓄電システムが必須だ。



<家庭用蓄電池の市場規模・予測>


国内の家庭用蓄電池市場は、2023年度に約1200億円になる。卒FITを背景に、蓄電システムの需要が高まった結果だ。出典:日本能率協会総合研究所(2019年3月29日発表)

これまでは導入コストが壁になって、あまり普及してこなかったが、卒FITを機に広まっていくことは間違いないだろう。製品価格はだいぶ下がってきているし、導入によって得られる電気代削減効果はかつてなく大きい。

こうした状況にあって、シャープは、太陽光と蓄電池を一体的にコントロールして、家電・住宅設備機器を制御しながら賢く使うトータルエネルギーマネジメントを提唱する。気象警報が発令されると蓄電池を満充電し、電動窓シャッターが自動で閉まるなど、気象情報とも連携する「クラウド蓄電池システム」の販促を強化する。また、他社製の太陽光パネルとも接続可能な「マルチコネクト」をアピールし、シャープ製パネルオーナーだけではない広範な顧客獲得を図っている。


電気自動車(EV)の
存在感が増していく

蓄電システムを担うのは、家庭用蓄電池だけでない。電気自動車(EV)の存在も忘れてはならないだろう。EVに搭載された大容量バッテリーは蓄電池そのものであり、V2H(Vehicle to Home)機器を導入すれば、住宅用としても活用することができる。日産自動車は、卒FITユーザー向けにEV「リーフ」の蓄電池利用を推奨。2018年11月には、V2Hモデルハウス「Nissan Energy Home(ニッサン・エナジー・ホーム)」を公開した。


日産自動車は電気自動車リーフを家庭用蓄電池として活かすことを提案する。同車のバッテリー容量は40~ 62kWhであり、一般的な家庭用蓄電池(4~12kWh程度)を大きく超える。災害時の非常用電源としても心強い。出典:日産自動

 

蓄電池大手のニチコンも、V2Hに意欲的だ。同社では、EVと家庭用蓄電池を組み合わせて使う「トライブリッド蓄電システム」で、ライフスタイルを問わない自家消費を実現する。日中に太陽光発電の電気を蓄電池にためて、夜間に家庭用電力として使用するとともに、蓄電池からEVバッテリーに電気を移せるので、いつでもクルマを走らせることができる。太陽電池・蓄電池・EVバッテリーの3電池を統合制御し、それぞれの充放電動作をDC接続のまま高効率に行える「トライブリッドパワコン」も用意されている。

同社は、蓄電池単体での自家消費ニーズにも、大容量モデルで応えていく。今年発表された新製品は、家庭用蓄電池の常識を超える業界最大級の16.6kWhだ。これだけの容量があれば、卒FIT電力の完全自家消費も現実味を帯びてくる。


取材・文/廣町公則

SOLAR JOURNAL vol.29(2019年春号)より転載

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  3. 原発が全停止目前!? 電力会社は再エネ発電に移行となるか(前編)
  4. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  5. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 原発が全停止目前!? 電力会社は再エネ発電に移行となるか(後編)
  8. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  9. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  10. 1位はあの国!? 風力発電導入量の国別ランキング!

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.30 / ¥0
2019年7月31日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース