注目キーワード

政策・マーケット

全国初! 鳥取県と熊本県が「RE Action」のアンバサダーに就任

鳥取県は1月6日、「再エネ100宣言RE Action」の取組みを応援するアンバサダーに就任したと発表した。就任日は2019年12月6日で、熊本県も同日付で就任し、両県は都道府県として全国初のアンバサダーとなった。いよいよ中小企業や自治体にも、100%再エネ化の波が押し寄せている。

鳥取県と熊本県が同日に就任
京都市や横浜市もアンバサダーが加盟

鳥取県は、温室効果ガスの削減に力を入れており、県内の再エネ発電量は「民生用電力を賄える水準まで」達しているという。環境配慮型の経営や脱炭素への期待の高まりを受け、「再エネ100宣言RE Action」に賛同し、アンバサダーに就任した。

同日にアンバサダーに就任した熊本県は、12月4日の県議会において、蒲島郁夫知事が2050年度までに「CO2排出実質ゼロ」を目指すと宣言したばかりだ。

「再エネ100宣言RE Action」のアンバサダーは、省庁・都道府県・政令指定都市を対象としている。活動内容は、応援者としてのRE ActionのPR等だ。鳥取県と熊本県の他に、外務省、環境省、京都市、さいたま市、浜松市、横浜市が就任している。




再エネへの転換はもはや文化!?
RE Actionに48者に

「再エネ100宣言RE Action」とは、企業や自治体、教育・医療機関等の団体が、使用する電気を100%再エネとすることにコミットし、再エネ利用を促進する新たな枠組みだ。グリーン購入ネットワーク、イクレイ日本、公益財団法人地球環境戦略研究機関、日本気候リーダーズパートナーシップによって、2019年10月に設立された。(記事『新たな再エネ100宣言の枠組み”RE Action”発足!』参照)


同じ趣旨の取組みとして、国際イニシアチブ「RE100」があるが、こちらは国内外で認知度が高く、電力消費量が大きい(10GWh/年以上)多国籍企業を対象としている。そのため、中小企業や地方自治体、医療法人などは対象から外れてしまう。

RE100の対象企業のほかにも、再エネへのシフトを目指す事業者は多く、現在、RE Actionの参加団体数は48者、総従業員数は約2.9万人、総消費電力量は約331GWhとなっている。(2020年1月21日現在)

DATA

鳥取県
熊本県




文/山下幸恵(office SOTO)

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  2. 4月27日、zoom開催決定!太陽光の新たな価値がわかる「PVビジネスセミナー」...
  3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  4. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  5. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  6. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  7. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  8. エネルギー基本計画、2050年「再エネ5~6割」をたたき台に議論始まる
  9. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  10. 太陽光発電プロジェクト入札「世界最低価格」が更新

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.36 | ¥0
2021/1/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース