スマート関連

「HEMS × 蓄電池 × V2H」という住宅の新発想

 

プリウス・オーナーなら
導入しなくちゃもったいない

「まっち」は、プリウス(トヨタ)やアウトランダー(三菱)など、各社のハイブリッド車・プラグインハイブリッド車に対応する。クルマのアクセサリーコンセントに、住宅から引いた専用ケーブルをつなぐだけで、クルマのバッテリーを家庭の電源として活用することができる。地震など万が一の災害時には、非常用電源としても大活躍すること請け合いだ。メデアによると、プリウスの場合なら、ガソリン満タン状態で、一般家庭5日分から1週間分程度の電力を供給してくれるという。

クルマを非常用電源として考えた場合、じつはハイブリッド車は、電気自動車よりも優れている。電気自動車はバッテリーの電気が切れれば終わりだが、ハイブリッド車はガソリンさえあれば、ずっと電気をつくり続けてくれるからだ。すでにハイブリッド車を所有している家庭なら、「まっち」システムの導入を、ぜひとも検討してみたいところだろう。

 

スマートハウスが身近になる
最新のパッケージシステム

ハイブリッド車でV2Hを実現できる「まっち」だが、そのシステムは単にV2Hのためだけにあるのではない。そもそも「まっち」とは、「HEMS × 蓄電池× V2H」のトータルパッケージシステムなのである。

「まっち」のシステムイメージ

太陽光発電およびハイブリッド車と組み合わせることで、一般住宅を最先端のスマートハウスに変えてしまう……いわば「次世代スマートハウス構築支援システム」。新築住宅はもちろんだが、既築住宅であっても気軽にスマートハウス化できるというのが嬉しいところだ。

123

関連記事

アクセスランキング

  1. コロナによる電力需要減を受け、日本でも「再エネ主力電源化先取り」の兆しが!...
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 出展社募集中! 業界初の太陽光発電の「オンライン展示会」開催が決定!...
  4. コロナ禍で広がる経済への影響。世界と再エネの展望は「安全、安心」が開く...
  5. まるでスクーター! オランダ発、屋根上パネル搭載の小型EVが登場!
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  8. “コロナ後”の日本を変えるのは「地域の具体策」である
  9. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  10. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.33 / ¥0
2020年4月30日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース