注目キーワード

スマート関連

「HEMS × 蓄電池 × V2H」という住宅の新発想

 

プリウス・オーナーなら
導入しなくちゃもったいない

「まっち」は、プリウス(トヨタ)やアウトランダー(三菱)など、各社のハイブリッド車・プラグインハイブリッド車に対応する。クルマのアクセサリーコンセントに、住宅から引いた専用ケーブルをつなぐだけで、クルマのバッテリーを家庭の電源として活用することができる。地震など万が一の災害時には、非常用電源としても大活躍すること請け合いだ。メデアによると、プリウスの場合なら、ガソリン満タン状態で、一般家庭5日分から1週間分程度の電力を供給してくれるという。

クルマを非常用電源として考えた場合、じつはハイブリッド車は、電気自動車よりも優れている。電気自動車はバッテリーの電気が切れれば終わりだが、ハイブリッド車はガソリンさえあれば、ずっと電気をつくり続けてくれるからだ。すでにハイブリッド車を所有している家庭なら、「まっち」システムの導入を、ぜひとも検討してみたいところだろう。

 

スマートハウスが身近になる
最新のパッケージシステム

ハイブリッド車でV2Hを実現できる「まっち」だが、そのシステムは単にV2Hのためだけにあるのではない。そもそも「まっち」とは、「HEMS × 蓄電池× V2H」のトータルパッケージシステムなのである。

「まっち」のシステムイメージ

太陽光発電およびハイブリッド車と組み合わせることで、一般住宅を最先端のスマートハウスに変えてしまう……いわば「次世代スマートハウス構築支援システム」。新築住宅はもちろんだが、既築住宅であっても気軽にスマートハウス化できるというのが嬉しいところだ。

< 123>

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【続報】発電側基本料金、電力量にも課金へ。容量課金とは1対1の比率
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  4. 4月27日、Zoom開催決定! 太陽光の新たな価値がわかる「PVビジネスセミナー」...
  5. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. 再エネ賦課金の2021年度単価が決定。再エネの自給自足に向け機運高まる
  9. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  10. エネルギー基本計画、2050年「再エネ5~6割」をたたき台に議論始まる

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.36 | ¥0
2021/1/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース