注目キーワード

スマート関連

自動車業界4つのビッグトレンドと、そのインパクト

ハード機器において様々な破壊的イノベーションが起こる中、自動車業界においてもEV車やカーシェアリングなど、クルマの価値観に変化が起こりつつある。今回、その中でも特に注目の4つのビッグトレンドをピックアップし、期待される効果やインパクトについて予測した。

自動車の「世代交代」は
もう目前!?

近年、ハード機器が「世代交代」を余儀なくされる「破壊的イノベーション」が次々と起こっている。身近なものでは、携帯電話からスマートフォン、テレビからインターネット動画……という風に、それまでの「当たり前」がいつの間にか書き換えられ、瞬く間に次の「当たり前」が生み出されていくのだ。

こうした革新的な変化は、自動車業界でも常に水面下で動いている。

『シリコンバレーD-Labプロジェクトレポート Ver.1.0』(2017年3月)を参考に編集部が作成。

上記の表を見ると、ガソリンを使わないEV車(電気自動車)やカーシェアリングについては、すでにある程度普及されており、「給油」から「充電」へ、「買う」から「シェアする」へと、自動車に対する認識に変化が表れつつある。

その他にも、ICT端末としての機能を持つ「コネクテッドカー」は、道路状況や車両の状態をネットワークを介して取得することで、走行を快適にするという新たな価値を見出しており、最近CMでもよく目にする「自動運転」は、事故の低減や高齢者の安全運転に期待がかる。

このような変化に順応していかなければ、ビジネスにおいても時代に乗り遅れ、ユーザーニーズを取りこぼしてしまうことが少なくない。
「どうせ未来のことだろう」と目をそらさず、随時対応することが重要だ。

関連 太陽光発電、全需要の7割超も。日本の基幹電源へ


『SOLAR JOURNAL』vol.23より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【続報】発電側基本料金、電力量にも課金へ。容量課金とは1対1の比率
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  4. 4月27日、Zoom開催決定! 太陽光の新たな価値がわかる「PVビジネスセミナー」...
  5. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. 再エネ賦課金の2021年度単価が決定。再エネの自給自足に向け機運高まる
  9. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  10. エネルギー基本計画、2050年「再エネ5~6割」をたたき台に議論始まる

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.36 | ¥0
2021/1/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース