スマート関連

使用電力の100%を再エネに! グーグルが有言実行

大企業による再生可能エネルギーの導入が進む中、グーグルが使用電力の100%を再生可能エネルギーで賄っていることを発表した。複数の企業がこうした取り組みに積極的になっている背景には、環境問題以外にも理由があった。

グーグル、宣言通り
再エネ100%達成

2017年12月10日、グーグルは使用電力の100%が風力発電と太陽光発電で賄われていることを発表した。

グーグルをはじめとする大企業が使用電源を再生可能エネルギーへと移行させている背景には、環境への問題意識の他に、経費削減というメリットがある。
昨今、太陽光発電の導入コストが下がり、発電する際のコストも低くなっている。そのため、再生可能エネルギーを導入した方が、化石燃料よりも安くエネルギーを使用できるようになってきているのだ。

今回すべての電力を再生可能エネルギーで賄うことに成功したグーグルは、昨年の12月6日に、グーグルの全世界のオフィスやデータセンターで利用する電力を再生可能エネルギーで賄うことを宣言しており、まさに有言実行したといえる。

大企業になるほど世界各地での電力使用量も増え、コストも嵩むため、環境にも経営にも優しい再生可能エネルギーの導入が急がれている分、今後もすべての電力を再生可能エネルギーで賄う企業は増え続けるだろう。


 

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  3. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  4. 大好評「PVビジネスセミナー」9/24(火)に大阪で開催!
  5. 電力会社が再エネに注力! 重い腰が上がり始めた背景とは(前編)
  6. 経産省、「発電側基本料金」の導入へ! 全発電種にkW一律の課金・調整措置の行方は?
  7. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  8. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  10. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.30 / ¥0
2019年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース