注目キーワード

スマート関連

トヨタ、2030年に電動車販売550万台以上を目指す!

トヨタ自動車は2017年12月18日、2020年代~2030年までの電動車普及に向けたチャレンジを公表した。2030年に、グローバル販売数550万台以上、EV(電気自動車)・FCV(燃料電池自動車)は、合わせて100万台以上を目指す。 

地球環境問題への取り組み
車両の電動化が不可欠

トヨタ自動車は2017年12月18日、2020年代~2030年までの電動車普及に向けたチャレンジを公表。2030年に、グローバル販売数550万台以上、EV(電気自動車)・FCV(燃料電池自動車)は、合わせて100万台以上を目指す。2025年頃までに電動専用車・電動グレード設定車を拡大することにより、エンジン車のみの車種はゼロとなる。

「地球温暖化」「大気汚染」「資源・エネルギー問題」という地球環境問題に真剣に取り組むトヨタ。これらの社会問題の解決のためには、車両の電動化は不可欠と捉えている。従来から、電動車の開発・市場投入を積極的に進めており、1997年に電動車の先駆けとなる「プリウス」を発売以来、20年にわたって普及に取り組んできた。

2015年には、2050年に向けた環境の取り組みとして「トヨタ環境チャレンジ2050」を発表。6つのチャレンジのうち、2050年にグローバルでのCO2排出量(新車平均走行時)を2010年比で90%削減する「新車CO2ゼロチャレンジ」を掲げており、今回の電動車普及のチャレンジは、その達成に向けた中長期施策の1つとなっている。

充電ステーションや水素ステーション、電池のリユース・リサイクルの仕組みなど、電動車の普及を支える社会基盤の整備にも力を入れていく予定だ。

「持続可能な社会の実現」に向けた活動を進めるグローバル企業に、今後も要注目だ。

 問い合わせ

トヨタ自動車株式会社
TEL:0565-28-2121(代)
HP:TOYOTA


文/三角真奈美

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 「カーボンプライシング」とは何か? 小泉環境相、年明けから検討再開の意向...
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. 【2021年度FIT】調達価格や入札対象の検討スタート。FIP対象区分も
  6. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. 米気候変動政策、バイデン政権で環境分野へ巨額投資か。NEDOが予想
  9. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  10. 菅首相、所信表明で「2050年に温室効果ガス排出ゼロ」を宣言

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.35 | ¥0
2020/10/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース