スマート関連

満充電まで3分ってホント!? 日本で電気自動車は普及するのか?

世界的な普及が急激に進む電気自動車。しかし今はまだ、性能面・安全性に不安を抱く人が多いのも事実。そんな電気自動車界を救うかもしれない、全個体電池って? そのメリットは何か? EV用電池の動向を解説! 

各国のEV戦略とは

フォルクスワーゲンの排ガス不正問題をきっかけに、ヨーロッパではクリーンディーゼルを中心とする次世代戦略の見直しを迫られることになった。

ヨーロッパでは2021年にCO2排出量規制を強化する。そこで電動化を積極的に推し進め、ハイブリッド車だけでなくEVの開発にも力が入っている。ヨーロッパではドイツ主導で、12V電源に加え、さらに高効率の48V電源を追加しようと動き出した。48V電源を使えれば、ハイブリッド車の魅力をさらに広げることができる。

日本勢も欧米に負けまいとEV戦略を鮮明に打ち出してきた。

排ガス汚染に悩まされている中国では、2019年に環境規制を大幅に強化する。今後はEVの比率を高める必要があるから、トヨタやホンダ、日産はモーターを動力源とするEVクロスオーバーSUVを投入する予定だ。また、マツダもEVの開発に本腰を入れ始めた。エネルギー効率を高め、容量を増やした進化型バッテリー(蓄電池)の搭載により、今後は航続距離を大幅に延ばせるだろう。

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 太陽光発電8設備が初の「FIT認定取り消し」 申請せずに発電事業を実施
  2. 自治体新電力が巨大都市と連携!? 「久慈地域エネルギー」の事例
  3. 4/16(火) 次世代パワエレシンポジウム+PVビジネスセミナー 同時開催!
  4. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 2019年度のFIT調達価格は14円/kWh! 前年度から2割超の大幅減額に!
  8. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  9. 「2019年問題」専用サイト開設! エネ庁が注意喚起と情報提供
  10. 重要なのは「安売り」ではない? 自治体新電力が生き残るポイントとは

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.28 / ¥0
2019年1月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース