スマート関連

満充電まで3分ってホント!? 日本で電気自動車は普及するのか?

世界的な普及が急激に進む電気自動車。しかし今はまだ、性能面・安全性に不安を抱く人が多いのも事実。そんな電気自動車界を救うかもしれない、全個体電池って? そのメリットは何か? EV用電池の動向を解説! 

各国のEV戦略とは

フォルクスワーゲンの排ガス不正問題をきっかけに、ヨーロッパではクリーンディーゼルを中心とする次世代戦略の見直しを迫られることになった。

ヨーロッパでは2021年にCO2排出量規制を強化する。そこで電動化を積極的に推し進め、ハイブリッド車だけでなくEVの開発にも力が入っている。ヨーロッパではドイツ主導で、12V電源に加え、さらに高効率の48V電源を追加しようと動き出した。48V電源を使えれば、ハイブリッド車の魅力をさらに広げることができる。

日本勢も欧米に負けまいとEV戦略を鮮明に打ち出してきた。

排ガス汚染に悩まされている中国では、2019年に環境規制を大幅に強化する。今後はEVの比率を高める必要があるから、トヨタやホンダ、日産はモーターを動力源とするEVクロスオーバーSUVを投入する予定だ。また、マツダもEVの開発に本腰を入れ始めた。エネルギー効率を高め、容量を増やした進化型バッテリー(蓄電池)の搭載により、今後は航続距離を大幅に延ばせるだろう。

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 太陽光FIT制度、既存案件の買取金額を減額へ! 「未稼働案件」対象に
  2. 大手企業が続々と電力シフト、いよいよ再エネが巨大マーケットに?
  3. 丸紅が石炭火力の権益を「2030年までに半減」と公表、その理由は?
  4. 台風20号で淡路島の風車が倒壊、日本の風車は果たして”危険”か?
  5. 放っておくと“発電停止”に!? 低圧ソーラー20年運用O&Mが必須な理由
  6. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  7. 九州電力が国内初の出力制御を実施! 「再エネの主力電源化」へ課題
  8. 「HEMS × 蓄電池 × V2H」という住宅の新発想
  9. 住宅用太陽光「パネル貼り替えて再FIT契約」は認められず!
  10. 卒FITに関する意識調査、期間満了後どうなるのか理解しているのは4割

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース