注目キーワード

スマート関連

フィアットが放つEV戦略 第2世代のフィアット500eが登場!

ヨーロッパではコロナ禍にも関わらずEVが続々と発表され、販売も好調だ。その理由は、企業全体の平均燃費を問うCAFE規制が2021年に大幅に強化され、クリアできないと罰金が科せられるからである。イタリアのフィアットからも魅力的なEVコンセプトカーが登場した。その全貌に迫ってみよう。

イタリアのフィアットから
EVコンセプトカーが登場

CO2削減のためにヨーロッパはEVシフトが鮮明だ。イタリアも例外ではない。フィアットは早い時期から電動化の研究を行っており、2013年には24kwhのリチウムイオンバッテリーを搭載したフィアット500e(チンクエチェント・イー)をアメリカ限定で発売した。 


コンセプト・チェントヴェンティのフロントマスクやシルエットは、1980年代にヒットした初代フィアット・パンダがデザインモチーフだ。

また、フィアットの創業120周年にあたる2019年にはコンセプト120(チェントヴェンティ)を発表している。エクステリアは1980年代にヒットした初代パンダをイメージしたデザインだ。エクステリアとインテリアに加え、EVパワートレインもカスタマイズできる点が新しい。ソーラーパネルで発電するオープンルーフも新鮮な試みである。


新型フィアット500の発売時には艶やかなブルガリの作品のほか、アルマーニなどとのコラボモデルもお披露目された。

このコンセプトカーで培った技術を駆使して開発し、3月に登場したのが第2世代のフィアット500eだ。誰が見てもフィアット500と分かるキュートなデザインで、ハードルーフに加え、爽快なコンバーチブルを設定する。42kwhのバッテリーを搭載し、WLTPモードでの航続距離は最大320kmだ。補助金を使っての価格は、日本円にして370万円からになる。魅力的なので、日本でも発売してほしい。


カーデザイン・アワードにおいてベストコンセプトカー賞に輝いた。2ドアに見えるが、ピラーレスの観音開きドアを採用。インテリアはカスタマイズOK。


取材・文:片岡英明

SOLAR JOURNAL vol.34(2020年夏号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 菅首相、所信表明で「2050年に温室効果ガス排出ゼロ」を宣言
  3. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  6. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  7. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  8. 【ニーズに適した蓄電池が登場】エクソルが住宅用蓄電システムにファーウェイを選んだ理由とは?...
  9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  10. FIT太陽光第6回入札、落札価格はさらに下落。依然として容量未達が課題

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.35 | ¥0
2020/10/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース