注目キーワード

スマート関連

フィアットが放つEV戦略 第2世代のフィアット500eが登場!

ヨーロッパではコロナ禍にも関わらずEVが続々と発表され、販売も好調だ。その理由は、企業全体の平均燃費を問うCAFE規制が2021年に大幅に強化され、クリアできないと罰金が科せられるからである。イタリアのフィアットからも魅力的なEVコンセプトカーが登場した。その全貌に迫ってみよう。

イタリアのフィアットから
EVコンセプトカーが登場

CO2削減のためにヨーロッパはEVシフトが鮮明だ。イタリアも例外ではない。フィアットは早い時期から電動化の研究を行っており、2013年には24kwhのリチウムイオンバッテリーを搭載したフィアット500e(チンクエチェント・イー)をアメリカ限定で発売した。 


コンセプト・チェントヴェンティのフロントマスクやシルエットは、1980年代にヒットした初代フィアット・パンダがデザインモチーフだ。

また、フィアットの創業120周年にあたる2019年にはコンセプト120(チェントヴェンティ)を発表している。エクステリアは1980年代にヒットした初代パンダをイメージしたデザインだ。エクステリアとインテリアに加え、EVパワートレインもカスタマイズできる点が新しい。ソーラーパネルで発電するオープンルーフも新鮮な試みである。


新型フィアット500の発売時には艶やかなブルガリの作品のほか、アルマーニなどとのコラボモデルもお披露目された。

このコンセプトカーで培った技術を駆使して開発し、3月に登場したのが第2世代のフィアット500eだ。誰が見てもフィアット500と分かるキュートなデザインで、ハードルーフに加え、爽快なコンバーチブルを設定する。42kwhのバッテリーを搭載し、WLTPモードでの航続距離は最大320kmだ。補助金を使っての価格は、日本円にして370万円からになる。魅力的なので、日本でも発売してほしい。


カーデザイン・アワードにおいてベストコンセプトカー賞に輝いた。2ドアに見えるが、ピラーレスの観音開きドアを採用。インテリアはカスタマイズOK。


取材・文:片岡英明

SOLAR JOURNAL vol.34(2020年夏号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  6. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  7. 【続報】発電側基本料金、電力量にも課金へ。容量課金とは1対1の比率
  8. エネルギー基本計画、2050年「再エネ5~6割」をたたき台に議論始まる
  9. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  10. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.37 | ¥0
2021/4/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース