注目キーワード

スマート関連

ZEH時代到来! 太陽光発電は自家消費が基本!

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)普及加速事業に、今秋新たに100億円の予算がつけられた。国主導のこの事業の波に乗り遅れないために、各メーカーはどのように対応しているのか。その最前線に迫る!

家で「消費するエネルギー」と家で「創るエネルギー」が同等になるこの住宅が普及すれば、エネルギーの在り方が大きく変わる。ここでは、エネルギーの大量生産だけでなく、省エネ性能に優れた家電に切り替えて「使う電気を減らしていく」ことも求められるからだ。更に、ZEHにおいては太陽光発電で作った電気を売るのではなく、自家消費することが基本である。

HEMSでもっと身近に親しみやすく  電気を賢く使いこなす

創エネ・蓄エネ・省エネを一元管理するHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)は、ZEHにとって不可欠なアイテムだ。電力小売全面自由化のもと、電力会社から電力供給を受ける場合にも、料金の安い時間帯に合わせた、賢い電気の使い方をサポートしてくれる。

パナソニックが12月に発売(予定)する「AiSEG2」は、使いやすさにこだわったモニター一体型モデル。Wi-Fi内蔵のため、室内どこでも持ち運ぶことができる。表示画面はとても親しみやすく、エネルギー・マネジメントを身近なものにしてくれることは間違いない。HEMS搭載が標準となるZEH時代を先取りした新製品だ。

パナソニックでは、「住宅エネマネ市場開発センター」を開設し、ZEH関連製品の開発に努めている。

sj_zeh161214_002

パナソニックの新HEMS、設置場所を問わないモニター一体型。

蓄電システムは大容量  マルチDCリンクへ

ZEHでは、太陽光で創った電気は、売電よりも自家消費がメインになる。電気は「創って売る」時代から「創って貯める」時代に大きくシフトする。蓄電システムの重要性が、一気に高まるというわけだ。

京セラでは、各種リチウムイオン蓄電システムをラインナップして、新時代のニーズに応えている。

なかでも注目したいのが、太陽光発電のパワーコンディショナを一体化した製品だ。パワコン・接続ユニット・昇圧ユニットを内蔵しているので、設置スペースを削減でき、取付工事もシンプルなもので済む。最大の特長はDCリンク(直流接続)で、太陽光発電からダイレクトに充電できるので、エネルギー効率が大幅にアップしている。

このほか、「大容量タイプ( 12kWh)」も注目だ。次世代ハイスペック蓄電池モジュールを搭載し、従来比約1・67倍の大容量を実現している。大きく貯めて、ゆったり使う、これからの自家消費スタイルを見据えた蓄電システムだ。

蓄電池に関しては、ZEHだけでなく、「2019年問題」も大きな追い風になる。2019年問題とは、FIT以前の制度にもとづく太陽光の買取期間が、2019年をもって終了になる案件が出てくることを指す。

それまで電気を買い取ってもらっていた人にとっては大問題だが、そこに大きなビジネスチャンスがあることも事実だ。買取期間が終了しても、ほとんどの太陽光発電システムは、その後も発電を続けるので、創った電気をどうするかが問題となる。

①とくに何もせず、昼間だけ自家消費する、②安くても良いから電力会社に買ってもらう、③蓄電池を活用して全量自家消費する、という概ね3つが考えられる。当然、③の需要を喚起したいところだ。

123>

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  4. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  5. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  8. 未稼働案件のFIT認定失効制度、運転開始期限を見直し。太陽光以外にも適用...
  9. 自己託送を「日本版コーポレートPPA」に。経済産業省が要件の見直しスタート...
  10. 【続報】発電側基本料金、電力量にも課金へ。容量課金とは1対1の比率

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.37 | ¥0
2021/4/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース