注目キーワード

スマート関連

ZEH時代到来! 太陽光発電は自家消費が基本!

ビークル・トゥ・ホーム クルマが家の蓄電池に

電気自動車をクルマとしてだけでなく、家庭の蓄電池としても使う。V2H(ビークル・トゥ・ホーム)という発想だ。電気自動車に搭載されているバッテリーはかなり大きいので、家庭用蓄電池としても遜色ない。家の電気で車を動かし、車の電気を家に戻す。太陽光発電システムと連係させれば、太陽光で車を走らせることも夢ではない。

日産の電気自動車「リーフ」のバッテリー容量は30kWhまたは24kWh。非常時のバックアップ電源としても心強い。

sj_zeh161214_003

さらに高まる太陽光の発電効率  屋根への積載量アップも

消費するエネルギーよりも創るエネルギーの方が多い家、ZEH。

太陽光発電は、創エネを担うZEHの柱だ。売電であれ、自家消費であれ、太陽光パネルに求められる基本性能は変わらない。ポイントは、限られた屋根面において、いかに発電量を増やすかだ。

三菱電機の住宅用太陽電池モジュール「マルチルーフシリーズ」は、正方形・長方形・台形のパネルを組み合わせることで、様々な屋根形状に柔軟に対応する。屋根全体にパネルを敷き詰められるマルチルーフというスタイルだ。しかも、モジュールは245W(長方形モジュール単体)と大出力。三菱電機のマルチループシリーズなら、屋根全体を使った大容量発電を実現できる。

セル面積自体が従来よりも一回り大きいうえ、セルの四隅の面取りが従来品より小さいので、1枚あたりの出力が向上。独自のPERC構造などにより、発電ロスを抑えることにも成功している。

さらに、日本の自然環境下で長く使えるよう、様々な工夫が凝らされている。対候性・耐湿性・密封性に優れた3層構造のバックフィルムや、垂直積雪量2mの積雪地域にも対応するプロテクションバーなど、長期信頼性に対するこだわりを随所にみてとることができる。

三菱電機では、このマルチルーフシリーズと高効率パワーコンディショナとの組み合わせに力をいれている。同社のパワーコンディショナは、電力変換効率98%と世界トッ プクラスの高効率を誇っている。住宅用マルチストリング型パワーコンディショナも新登場し、屋根面単位での最適制御をも実現した。

三菱では、ZEH関連のトータルブランド「ENEDIA(エネディア)」を推進し、創・蓄・省エネ機器を活かした新しいライフスタイルを提案する。

< 123>

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. グリッドコードとは? 太陽光発電事業者も知っておくべき系統運用の新ルール...
  2. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  3. 最新情報を施工管理アプリANDPADで共有・連携! 管理件数と粗利率を同時にアップ!...
  4. 太陽光発電設備が水害にあったら? 豪雨への備えは?
  5. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  6. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. 新電力の撤退相次ぐ。電力契約のセーフティネット「最終保障供給」とは?...
  9. 今、電気料金の「値上げ」を認めるべき理由
  10. 電気事業法50年に一度の大改正へ! 配電事業者の免許制には賛否両論

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.42 | ¥0
2022/7/29発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース