太陽光発電

設置するならコレ!おすすめ太陽光発電モデル

ソーラーパネルを設置したいけど、どれが一番いいの?もうモデル選びに迷わない!低価格かつ高圧契約対応・超おすすめモデルがこれだ!

今年度から太陽光発電の買取価格は32円/kWhと下がり、さらに50kW未満低圧分割案件の取り扱いは厳格化。環境・エネルギーベンチャーのLooopはそれらの対応として低価格の高圧契約対応モデル「高圧MY発電所キット」を開発・販売した。

高圧契約対応モデル登場!
コスト低減と工期短縮

Looopは7月3日、新商品「仲間と作ろう! 高圧MY発電所キット」を発売した。今年度からの買取価格低下と低圧分割案件取扱い厳格化により、発電所設備に求められる条件が一層厳しくなったことを受け、低価格の高圧契約対応商品を市場投入する。

新商品は発電設備容量96kW(パワコン75kW)から512kW(パワコン400kW)で段階的に規模を選べる。しかも32kW(パワコン25kW)単位での増設可能なフレキシブルな発電設備だ。太陽電池モジュール、パワコン、架台と、発電設備に必要なすべての部材をひとまとめのキットにすることで、大幅な工期短縮と、コスト低減を実現した。価格も1798万円(配送料・工事費別途)からと破格にリーズナブルだ。同社試算によれば96kWから512kWのどの規模でも10年以内で売電収入により投資回収できるという。(下表)

0031

123

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  4. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  5. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  6. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  7. 7/24(水)開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  8. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  9. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  10. 2030年度には電力小売事業の「PPA」が市場規模400倍に

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース