注目キーワード

太陽光発電

設置するならコレ!おすすめ太陽光発電モデル

ソーラーパネルを設置したいけど、どれが一番いいの?もうモデル選びに迷わない!低価格かつ高圧契約対応・超おすすめモデルがこれだ!

今年度から太陽光発電の買取価格は32円/kWhと下がり、さらに50kW未満低圧分割案件の取り扱いは厳格化。環境・エネルギーベンチャーのLooopはそれらの対応として低価格の高圧契約対応モデル「高圧MY発電所キット」を開発・販売した。

高圧契約対応モデル登場!
コスト低減と工期短縮

Looopは7月3日、新商品「仲間と作ろう! 高圧MY発電所キット」を発売した。今年度からの買取価格低下と低圧分割案件取扱い厳格化により、発電所設備に求められる条件が一層厳しくなったことを受け、低価格の高圧契約対応商品を市場投入する。

新商品は発電設備容量96kW(パワコン75kW)から512kW(パワコン400kW)で段階的に規模を選べる。しかも32kW(パワコン25kW)単位での増設可能なフレキシブルな発電設備だ。太陽電池モジュール、パワコン、架台と、発電設備に必要なすべての部材をひとまとめのキットにすることで、大幅な工期短縮と、コスト低減を実現した。価格も1798万円(配送料・工事費別途)からと破格にリーズナブルだ。同社試算によれば96kWから512kWのどの規模でも10年以内で売電収入により投資回収できるという。(下表)

0031

123>

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 4月27日、zoom開催決定!太陽光の新たな価値がわかる「PVビジネスセミナー」...
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  4. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  5. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  6. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  7. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  8. 再エネ賦課金の2021年度単価が決定。再エネの自給自足に向け機運高まる
  9. エネルギー基本計画、2050年「再エネ5~6割」をたたき台に議論始まる
  10. 太陽光発電プロジェクト入札「世界最低価格」が更新

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.36 | ¥0
2021/1/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース