注目キーワード

太陽光発電

メガソーラーの高電圧化が加速、1500Vパネルに新製品

さらなる効率アップを目指して、メガソーラーの高電圧(1500V)化が進んでいる。1500Vへの対応は、モジュールメーカーにとっても大きな課題の1つだ。こうした中、トリナ・ソーラーが、1500V仕様の太陽光パネルのラインナップを強化した。

メガソーラーは
1500Vが主流になる!?

トリナ・ソーラーはこのほど、直流電圧1500V仕様の太陽光パネルに新タイプを投入、ラインナップを強化した。世界的なトレンドの1つである大規模太陽光発電所(メガソーラー)の高電圧化に対応するものだ。

メガソーラー内部で電力を送る際の直流回路の電圧は、600Vからスタートし、現在では1000Vが主流となっている。しかし近年、アメリカやインド・中東・南アフリカ等においては、1500V太陽光発電システムの導入が進んでいる。日本でも1500Vへの関心は高まっており、2017 年後半から2018 年にかけて導入が加速すると予想されている。

発電所の高効率化へ
1500V対応製品の開発が進む

電圧は、高い方が電圧降下ロスを抑えられ、送電ロスも低減される。また、太陽光パネルの直列接続枚数を増やすことができ、電力損失を減らし、システム効率を向上させることが可能となる。さらに、接続箱の台数や送電ケーブルの長さ・本数を減らせるので、導入コスト・ランニングコストともに低減させることができる。太陽光発電所の規模が大きくなればなるほど、高電圧化により、プラント全体のコスト効率は高まっていく。

このようにメリットの多いメガソーラーの高電圧化だが、これを実現するためには太陽光パネルからパワーコンディショナ、ケーブル類に至るまで、すべての設備機器が高電圧化に対応していなければならない。いまは1500Vという新トレンドに対応すべく、各種太陽光関連メーカーが開発を急いでいる状況だ。

「ALLMAX」 (多結晶/60 セル) 出力:270 – 280W 最大変換効率:17.1%

1500V仕様のパネルなら
トリナ・ソーラーがおすすめ

こうした中にあって、トリナ・ソーラーはいち早く1500V仕様の太陽光パネルを開発。フレームレス両面ガラスタイプの「DUOMAX」シリーズを発表し、好評を博してきた。そして今回、新たに1500V仕様のラインナップに加わったのは、従来から定評のあるフレームタイプのモジュールをベースにしたもの。汎用性の高いフレームタイプに1500V仕様が加わったことで、高電圧化ニーズに幅広く対応することが可能となった。

今回発表された1500V仕様の太陽光パネルには、60セルおよび72セルタイプがあり、それぞれに多結晶モジュールと単結晶モジュールが揃う(多結晶モジュール :「ALLMAX」/「TALLMAX」、単結晶モジュール: 「ALLMAX M plus」/「TALLMAX M plus」)。

トリナ・ソーラー・ジャパンのChen Ye 代表取締役社長は、「これらの製品は、アメリカ・ヨーロッパでは、既に大規模太陽光発電所に導入済みです。今後、日本でも大規模太陽光発電所開発では、今回ご紹介したモジュールが皆様のビジネスに大きく貢献できると信じています」と話している。

「ALLMAX M plus」 (単結晶/60セル) 出力:280 – 305W 最大変換効率:18.6%

SPEC

「ALLMAX」 (多結晶)
モジュール寸法:1650×992×35mm/重量:18.6kg
出力:270-280W/最大変換効率:17.1%
保証:10年製品保証、25年リニア出力保証

「ALLMAX M plus」 (単結晶)
モジュール寸法:1650×992×35mm/重量:18.6kg
出力:280-305W/最大変換効率:18.6%
保証:10年製品保証、25年リニア出力保証

問い合わせ

トリナ・ソーラー・ジャパン株式会社

TEL:03-3437-7000 (受付時間:月~金 ※祝日を除く 9:00~18:00)


取材・文/廣町公則

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 洋上風力導入が日本で本格発進! 経済波及効果は15兆円との試算も
  3. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  4. 2020年以降「農業主体」がソーラーシェアリングの新常識に!
  5. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  6. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  7. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  8. 1位はあの国!? 風力発電導入量の国別ランキング!
  9. 電気事業法50年に一度の大改正へ! 配電事業者の免許制には賛否両論
  10. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.34 / ¥0
2020年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース