太陽光発電

「入札制度」日本には早い!? 大先輩ドイツに学べ!

 

日本では時期尚早か
再エネの導入目標を高めよ

さて、日本はどうか。2017年度の入札対象電源は、2000kW以上(特別高圧)の事業用太陽光発電に限定される。その理由は、FIT導入後、他電源と比べ導入が大幅に進んでいることや、コスト低下のポテンシャルが大きいことなどだ。

初年度には、10月を目処に1回実施し、 次年度(2018年度)以降は原則として年2回実施することになりそうだ。2SO017年度の1回目の入札量は500MW(0.5GW)。

入札上限価格は、2017年度の非住宅太陽光(10kW以上、2000kW未満)と同じ21円/kWh。2018年度以降については、2017年度の実績に基づき決められることになる。

入札制度により期待されるのは、競争によって21円より安い買取価格が決まることだ。しかし、もし、入札希望者が想定より少ない場合などには、入札価格が「上限21円」に固定され、入札の意味がなくなってしまう可能性がある。実際、筆者の周辺でも「21円に張り付くだろう」と見る業者が多いのが実情だ。

筆者が懸念するのは政府の志の低さだ。筆者は、2030年までに太陽光発電だけで累計1億kW (100GW)を導入することを提唱している。それに対して、政府目標は67GWでしかない。また、現在の総電力需要に占める再エネの比率は、水力を入れても14%程度でしかない。

そう考えると、入札制度導入は少し早過ぎると感じる。今回の入札制度が太陽光発電の勢いを止めるようだと、1年で中止するべきであろう。


村沢義久

米コンサルティング会社や大手投資銀行などを経て、2005年より、東京大学特任教授として地球温暖化対策を研究した後、2013年より現職。化石燃料に頼らない「燃やさない文明」を提唱し、低炭素社会の実現に注力。著書に『日本経済の勝ち方 太陽エネルギー革命』など。Twitter アカウント: @murasawa


『SOLAR JOURNAL』 vol.21より転載

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  3. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  4. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  5. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  8. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  9. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  10. 7/24(水)開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース