太陽光発電

1口5万円から投資できる自然エネルギーファンド登場

パワーハウス・インベストメント株式会社(PHI)が、インターネット上ですべての手続きを行える、自然エネルギーインフラ投資ファンドの募集を開始した。

パワーハウス・インベストメント株式会社(PHI)が、インターネット上ですべての手続きを行える、自然エネルギーインフラ投資ファンドの募集を開始した。このファンドは、少額投資を可能とし、10年間の目標分配率を150%とする、業界最高水準の想定利回りが特徴だ。

※PHI調べ

そもそも、インフラ投資ファンド
とはいったい何?

インフラ投資ファンドとは、その名の通り社会基盤(インフラストラクチャー)を対象とした投資だ。インフラファンドでは、保有するインフラが稼ぐ売電や利用料金をもとにして、投資家へと分配金が支払われる。その対象となるのは、空港や道路、港湾、再生可能エネルギー施設など多岐にわたる。インフラ投資を担ってきた各国政府や地方自治体などの財政的制約が世界的に強まる中、インフラの維持や後進には多額の投資が必要であるため、当初は新興国を中心に注目を集めた。日本では、2015年4月にインフラファンド市場が開設し、2016年6月に初の上場企業が生まれている。

PHIの自然エネルギーインフラ投資ファンド
どんな仕組み?

PHIが始める自然エネルギーインフラ投資ファンドは、主に太陽光発電所へ投資を行う。その発電所の売電事業から得られる収入が、出資者に分配される仕組みとなっている。投資家は1口5万円からの投資が可能になり、売電事業を業務委託(匿名組合契約)することにより、発電所の取得手続・メンテナンス・撤去・廃棄等から解放される。また複数の発電所への投資を行うため、自然災害や日照不足等による収益悪化によるリスク分散が期待される。

 

12

関連記事

2019/12/25 | 編集部からのお知らせ

再エネビジネス誌『RE JOURNAL』創刊2号発売!

アクセスランキング

  1. 速報! 2020年度FIT買取価格・賦課金が決定! 低圧は認定要件も変更
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  4. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)
  5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  6. 「PV自家消費モデル」で伊藤忠が社内外の体制強化
  7. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  8. 欧州一の売上を誇るSonnen社の蓄電池システムとは?
  9. 東電、再エネ発電部門を分社化「東京電力リニューアブルパワー」誕生!
  10. なぜ、いま雑草対策なのか? 軽視できない太陽光発電所の“雑草問題”①...

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.32 / ¥0
2020年1月31日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース