太陽光発電

【速報】太陽光発電の「入札」結果が明らかに!

最低落札価格17.2円/kWh
最高落札価格21.0円/kWh

落札価格は、最低が17.20円/kWh(株式会社HINA)で、最高が21.00円/kWh(ロイヤルリース株式会社及び有限会社新日邦)。入札募集要綱で示されていた価格上限額が21.00円/kWhだから、上限額いっぱいの高値でも落札された恰好だ。入札合計出力が募集容量に達していなかったため、競争のない入札になってしまったのが要因だ。

落札者は、運転開始から20年間にわたって、各社それぞれに異なる今回の落札価格で売電することになる。最低価格で落札するのと最高価格で落札するのとでは、事業性に大きな違いが出ることはいうまでもない。現在の制度では、2MW以上の太陽光発電設備はすべて入札の対象となる。これから大規模太陽光発電に取り組もうとする事業者にとっては、第1回入札の結果を踏まえ、2回目以降の入札に何円/kWhでのぞむべきか悩まれるところだろう。

123

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  4. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  5. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  6. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  7. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  8. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  9. 『007』最新作に登場予定の車はコレだ! 高性能EV「ラピードE」の魅力とは?
  10. FIT制度の見直しを! 自立に向けた「ビジネスモデルの転換」が必要な理由とは?
PV2019 太陽光発電展示会&フォーラム

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース