太陽光発電

改正FIT法は「事後的過積載」を禁止したのではない

「事後的でなければ問題なし。過積載そのものは良いことです。」改正FIT法に加えられた新たな規制の趣旨や、経済産業省の見解について、資源エネルギー庁新エネルギー課の梶直弘氏にお聞きした。

再生可能エネルギーを導入しつつ
国民負担の増大も防ぐ

今回の改正は、国民負担の増大につながる事後的な過積載についてFIT価格の変更という一定の制約を設けるものであり、過積載自体を禁止するものではありません。我々としては、できるだけ再エネを導入したいし、国民負担も抑えていきたい。

事後的な過積載についても、大規模な故障等が起きた際に効率化されたパネルを使用するケースを考慮して、一定程度の余裕を持たせるために3%・3kWという要件を設けました。

一部では、経産省は過積載に否定的だとの誤解もありますが、決してそんなことはありません。過積載そのものは、発電量アップや設備利用率の向上につながりますから、むしろ良いことだと思っています。

しかし認定取得後に、例えば40円案件や36円案件がFIT価格を維持したまま、21円の時代に過積載を行うとしたら、それが公平だと言えるでしょうか。安価に設備を設置することができるにもかかわらず、高い価格が適用されるのですから、国民負担の観点からも問題があると言わざるを得ません。

こうした点を踏まえ、有識者会議等で様々な議論を重ね、今回の改正に至りました。事業者の皆様には、改正の趣旨をご理解いただき、ご協力願えればと思います。

PROFILE

経済産業省 資源エネルギー庁 新エネルギー課

課長補佐(統括) 梶直弘氏

 

関連記事

>>FIT「事後的過積載」NG→増設分はどうしたらいい?

>>パネルの積み増し要注意 「事後的過積載」がNGに!

>>何が変わったの?改正FIT法、要注意の4つのポイント


取材・文/廣町公則

『SOLAR JOURNAL』vol.23 より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  2. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  3. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  4. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  5. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  8. 世界では「買取価格3円」も!? FIT低下で日本はどうなるのか(後編)
  9. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  10. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
 

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース