太陽光発電

FITに頼らないPV産業、’単結晶パネル’が実現への鍵を握る!

単結晶モジュールで世界No.1のロンジ・ソーラーは、一般的な野立てやルーフトップだけでなく、ソーラーシェアリングなど社会的意義の大きな取り組みも積極的に進めている。2018年の展望について、日本支社で代表取締役社長を務める秦超氏に話を聞いた。

ライバルは、多結晶モジュールではなく
火力発電などの化石燃料系エネルギー

 

日本のPV市場での一時のブームは去りましたが、今後もしばらく6~8GWの年間導入量が見込まれています。さらにその先までPV産業を持続可能なものにするためには、価格競争力をより高めていくことが不可欠だと考えております。FITに頼らずに、他の電源と競争できる産業にしていかなければなりません。

私たちは、単結晶モジュールの専門メーカーとして世界一の出荷量を誇っていますが、本当の競争相手は多結晶モジュールではありません。ライバルは、火力発電などの化石燃料系エネルギーです。これらの電源に負けることなく、太陽光発電を主力エネルギーにしていくために、単結晶モジュールの技術革新を進めているのです。単結晶ならではの高効率・高出力で生涯実発電量が多い製品を、優れた価格競争力で提供し続けていきます。

LONGi Solar Technology株式会社 代表取締役社長 秦 超氏

2018年、弊社は日本での営業販売を強化します。日本支社のスタッフを拡充し、よりきめ細かなサービス体制を確立します。また、一般的な野立てやルーフトップだけでなく、ソーラーシェアリングなど社会的意義の大きな取り組みも積極的に進めてまいります。グローバル市場で培った経験とノウハウを活かし、日本の皆様のお役に立っていければと願っています。

DATA

LONGi Solar Technology株式会社
東京都千代田区大手町2-6-1朝日生命大手町ビル24階
TEL:03-3516-6300


取材・文/廣町公則 文/大根田康介

SOLAR JOURNAL vol.24より転載

 

関連記事

アクセスランキング

  1. 発電量を最大化するモニタリングシステムとは? 導入企業も多数!
  2. O&M協議会、初の技術セミナー「驚きのトラブルと解決法」が多数!
  3. 大手電力会社の「卒FIT」対応は? 転機の2019年を前に第一報が続々!
  4. ソーラーシェアリング特集号第2弾! アースジャーナルvol.06発売
  5. 太陽電池モジュールを巡る、米国における”貿易摩擦”と”輸入制限”
  6. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  7. 東北電力「出力制御の準備」訴え、来春には再エネ電力が需要の65%に
  8. 頻繁に変更される未稼働案件ルール、今度は「変更整理表」更新
  9. エネ庁が未稼働案件への対応決定、「価格切り下げ」の原則は変わらず
  10. 出力制御は珍しいことではない? 再エネ先進国では”ごく日常的”

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース