太陽光発電

O&Mスペシャリストが「SmartPV」を選ぶ理由

愛知県に本社を構え、日本全国でO&Mサービスを提供する株式会社エネテク。同社は現在、TAOKE株式会社が提供する 「SmartPV」を採用し、発電所管理の低コスト化を進めているという。エネテク関東支社に伺い、その理由を聞いた。

パワコン単位で詳細監視
O&Mコストを大きく低減

TAOKEが提供する遠隔監視システム「SmartPV」を2016年の後半から採用している株式会社エネテク。同社は、ドローンに搭載したサーモカメラで上空から異常箇所を特定し、広大な発電所や人が入りにくい場所でも短時間での検査が可能なO&Mサービス「ソラパト」を提供する、O&Mのスペシャリストだ。

(左)株式会社エネテク関東支社 保守管理本部 技術開発部長 寺田健利氏
(右)株式会社エネテク関東支社 関東支社長 野口貴司氏

同社関東支社長の野口貴司氏は、「当社では、遠隔監視システムを『SmartPV』に集約し、コスト低減とO&Mの効率化を実現しました」と話す。

SmartPVを採用してエネテクがO&Mを行っている茨城県潮来市の太陽光発電所(1MW)。

SmartPV データロガー(L135×W85×H25mm)

以前、複数の遠隔監視システムを併用していたが、発電所ごとに各管理システムにログインする必要があり、手間がかかっていた。そこで、およそ100件を一気に「SmartPV」へ変更。デバイスを選ばず、1つの画面で複数の発電所を監視できるため、利便性が大きく向上した。

また、パワコン1台ごとに電圧まで監視するため、CTセンサーによる電流のみの計測よりも、詳細で誤差の少ない情報を取得でき、パワコンによっては、ストリングごとの監視も可能になる。不具合が生じれば即座にメールが届くため、発電ロスを抑えられる。駆けつけが必要な場合にも事前に症状を予測できるうえ、メンテナンス記録をクラウドに残しておける。

さらに、気象庁の日照データを元に理論値と実際の発電量を比較できるなど、発電状況の分析にも長けている。同社技術開発部長の寺田健利氏は、「条件を整えれば、パネル洗浄の効果測定も可能です」とメリットを語ってくれた。

PCはもちろん、タブレット、スマートフォンでも遠隔で情報をチェックできる。

近隣地域の気象庁日照データと実際の発電量を比較した日ごとのデータだ。

詳細な発電監視を低コストで実現し、O&Mの最適化に貢献する「SmartPV」が、今後ますます活躍の場を広げそうだ。

問い合わせ

TAOKE株式会社

東京都品川区西五反田1-17-1
TEL:03-3490-6518
mail:sales@smartpv.co.jp


取材・文/大根田康介

SOLAR JOURNAL vol.25(2018年春号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  3. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  4. 原発が全停止目前!? 電力会社は再エネ発電に移行となるか(前編)
  5. 1位はあの国!? 風力発電導入量の国別ランキング!
  6. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  7. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  8. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  10. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.30 / ¥0
2019年7月31日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース