太陽光発電

導入でイニシャルコストを削減? “次世代パワエレ”の隠れた能力

太陽光発電所の状況を、ストリング・モジュールレベルで監視できる"次世代パワエレ"。発電を最適化するだけでなく、イニシャルコスト削減にも一役買ってくれるが、一体どのような仕組みなのだろうか?

モジュールや接続箱の数を調整し
余計な費用をカット

次世代パワエレを導入することで、ストリングを構成するモジュールの数を増やしたり、接続箱あたりにつなげるストリング数を増やして接続箱の数を減らしたりすることが可能になる。

そのため、ケーブルや接続箱のコストはもちろん、施工コストや手間を大きく削減することができる。発電所の条件によっては、それらのコストが半減することも。

次世代パワエレは、長期的な発電量アップを実現しながら、イニシャルコストの削減も同時に達成できるのだ。

■イニシャルコスト削減例


SOLAR JOURNAL vol.25(2018年春号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  4. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  5. 7/24(水)開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  6. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  7. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  8. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  9. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  10. 上海モーターショー特別レポート! 突出する中国と迷走する日本!(後編)

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース