太陽光発電

こんな活用術が⁉ パリで見かけた画期的太陽光ホテル 

世界の中でも地球にやさしい国、フランス。そのフランスの首都・パリに再エネを取り入れたホテルがある。なぜ「ソーラーホテル」はできたのか?そしてホテルが生む地球へのメリットとは?

太陽光発電を活用
パリのソーラーホテル

商業地で建造物を新築する際に、屋上緑化かソーラーパネルの設置を義務付ける法案が2015年に可決されたフランス。
太陽光発電を使うことで、宿泊費の高いパリで低価格・高品質のサービスを提供するホテルがある。市内14区にある、その名も「ソーラーホテル」だ。

同ホテルを経営するのは、環境保護団体で30年間代表を務めてきたフランク・ラバル氏。
ツーリズムは経済や社会だけでなく、環境面でも大きな影響をその土地に与える。
パリは世界を代表する観光都市だが、大部分の宿泊施設は地球温暖化やエネルギー、健康問題に注意を払っていない。

そこでラバル氏は、観光事業者こそ環境に配慮することが大切だと考えた。
太陽光発電を活用し、ホテルで使う電力の75%削減に成功。節水や90%のゴミリサイクルも行う。
利用客もここに宿泊することで、物を有効利用し、無駄をなくすといった環境への意識が強まるという。


【DATA】
Solar hotel(ソーラーホテル)
22 rue Boulard 75014 Paris


取材・文・写真/Yukinobu Kato

※『SOLAR JOURNAL』vol.14 より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  3. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  4. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  5. 1位はあの国!? 風力発電導入量の国別ランキング!
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  8. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  9. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演
  10. これが日本最大の風力発電所だ!出力80MW/年間発電量1億5000万kWh

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.30 / ¥0
2019年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース