太陽光発電

アジア初! 太陽電池搭載の「ソーラードローン」がシンガポールで開発

シンガポール国立大学の研究チームが、太陽電池を搭載した自立型の「ソーラードローン」をアジアで初めて開発! 10mの高度で飛行させる実証実験に成功した。

アイキャッチ:©National University of Singapore

アジア初のソーラードローン
シンガポールで開発される

シンガポール国立大学の研究チームは、ソーラー電力を動力源とするエネルギー自立型ドローンをアジアで初めて開発し、10mの高度で飛行させる実証実験に成功した。

炭素繊維を素材とする軽量なこのドローンには、148枚のシリコン太陽電池が配置され、これらの太陽電池が太陽光を使って発電する仕組み。晴天である限り、飛行を継続できるのが利点で、上空からの測量や巡視、災害時の捜索活動などへの活用が期待されている。


文/松岡由希子

SOLAR JOURNAL vol.27(2018年秋号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  3. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  4. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  5. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  8. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  9. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  10. 2030年度には電力小売事業の「PPA」が市場規模400倍に

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース