太陽光発電

他人の電力を購入する方法:コンセントを差し込むだけ!?

環境のためにも太陽光発電で作った電気を使いたい。けれど、ソーラーパネルを取り付ける費用なんてないし…という悩めるエコ思考なあなたへ。

ソーラーパネルを設置せずとも太陽光発電で作った電気が使用できるデバイス

自宅にソーラーパネルを設置していなくても、コンセントに差し込むだけで、太陽光発電による電力が使用できる「SunPort」という商品が話題となっている。これは一種のアダプターで、太陽光発電システムを取りつけている人から電力を購入するための装置だ。

まず、電力会社がメガソーラー事業者などから電力を購入し、グリーン電力証書制度を用いて管理する。そして、消費者が「SunPort」を介して電力を消費すると、その電力に相当するグリーン電力証書を購入することになり、「SunPort」のユーザーは間接的に太陽光発電を利用する形になるというわけ。

太陽光発電由来の電力をシェアすることができる新デバイスとして今後も注目を集めそうだ。

アダプターを取りつけるだけなので、外出先でも太陽光発電による電力の使用が可能。

 


※『SOLAR JOURNAL』vol.15 より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  3. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  4. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  5. 1位はあの国!? 風力発電導入量の国別ランキング!
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演
  8. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  9. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  10. これが日本最大の風力発電所だ!出力80MW/年間発電量1億5000万kWh

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.30 / ¥0
2019年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース