注目キーワード

太陽光発電

持続可能な手段で“差し引きプラス”のエネルギーを! 地球の負荷に配慮したビルデザイン

ビル1棟を建てると、多くのエネルギーを費やすこととなる。そして、そのビルで人々が経済活動を行うことになれば、日々電力を消費する。ノルウェーの最新ビルでは、従来のように地球に負荷がかからないよう、消費電力を上回るエネルギーを作り出している。

上の写真:© tufo / Shutterstock.com

エネルギーポジティブを体現する
ノルウェーのビルデザイン

負荷がかかりすぎた地球にとって、これからは“差し引きプラス”の世界が必要だ。そんなエネルギーポジティブの考え方を体現しているのが、ノルウェーを拠点とする国際的な建築事務所スノヘッタがデザインする、ノルウェー中部の町トロンハイムにあるオフィスビル「Powerhouse Brattørkaia(パワーハウス・ブラットルカイア)」である。 

ビルを1棟建てるということは、建設から運用、解体、そして建築材に至るまで、多くのエネルギーを費やすことになる。パワーハウス・ブラットルカイアは、これらを上回るエネルギーを持続可能な手段で生み出す仕組みを持っている。

断熱や冷暖房設備の工夫、自然光の活用などを通して消費電力を抑える一方で、太陽光発電の効率を考えデザインされた建物からは、年間で45万kWh以上を生産。これは同ビルが1日に必要な電力の2倍に当たる。余剰電力は近隣の建物や電気バス、自動車、ボートなどへ供給し、地域でエネルギーを地産地消。マイクログリッドを実現する発電所の役割も担っている。 

これまで人類にとって、発展とは地球の貯金を切り崩し消費することだった。これからは使う以上に返しつつ、今まで育ててくれた地球を労ることが求められている。


文:Yukinobu Shuzui

SOLAR JOURNAL vol.36(2021年冬号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  4. 脱炭素社会の実現へ、2022年は波乱と格差の年になる?
  5. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  6. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  7. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  8. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  9. 他社間の自己託送、ついに解禁! 組合設立や再エネ電源の新設などの要件とは?...
  10. 太陽光発電で火災や感電事故が発生!? 必要な安全対策とは?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.39 | ¥0
2021/10/29発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース