注目キーワード

太陽光発電

常夏の楽園が再エネ100%を目指すワケ

世界有数のリゾート地である「常夏の楽園」ハワイ。温暖な気候と青い海は、人々をリラックスさせ、バケーションにぴったりだ。そんなハワイ州は、なんと「全電力消費の100%を再生可能エネルギーで賄う」ことを法律で決めたアメリカで最初の州なのだ。アメリカ在住のアナリストが読み解く!

屋根置き太陽光発電が普及
石油消費削減に大きく貢献

2015年の6月8日に可決された法律により、ハワイ州の電力事業社は2045年までにすべての電力供給源を太陽光発電や風力などの再生可能エネルギーにすることが義務付けられた。その背景には、大きな輸入石油依存があった。複数の島々で構成されるハワイ州は、アメリカ本土のように地域間を繋ぐ送電網がなく、すべての電力供給を各島内で完結させなければなら
ない。そのため、ハワイ州は電源として石油に依存するようになったのだ。

S17_MVY_001

2014年のデータを見ると、アメリカ全体で石油が総電力発電源に占める割合は1%にも満たないものの、ハワイ州では約70%も占めている。州知事のデビッド・イゲ氏は当時法案の成立について、「全米で最も化石燃料に頼っているハワイ州は、年間約50億ドルを化石燃料の輸入に費やしてきた。化石燃料から再生可能エネルギーに移行すれば、燃料費を州内にとどめることができる。つまり、今回の法律によって、環境とエネルギーを保全するとともに、経済を活性化することが可能になるのです」と述べた。

S17_MVY_002

ハワイ州では再生可能エネルギーへの移行は既に2008年から始まっており、2014年には全電力消費量の21・1%が再生可能エネルギーで賄われた。

S17_MVY_003

再生可能エネルギーの電源別構成を見てみると、風力が州内の再生可能エネルギーの総発電に占める比率が29%と一番高い。驚くことに、配電網に設置される屋根置きの分散型太陽光発電システムが占める割合は27%と、風力の次に高い比率となっている。送電網に接続されるメガソーラーの占める割合はたったの4%にとどまっている。

12>

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【続報】発電側基本料金、電力量にも課金へ。容量課金とは1対1の比率
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  4. 4月27日、Zoom開催決定! 太陽光の新たな価値がわかる「PVビジネスセミナー」...
  5. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. 再エネ賦課金の2021年度単価が決定。再エネの自給自足に向け機運高まる
  9. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  10. エネルギー基本計画、2050年「再エネ5~6割」をたたき台に議論始まる

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.36 | ¥0
2021/1/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース