注目キーワード

太陽光発電

福岡県が廃パネルの「スマート回収システム」を開発! 大量廃棄に備え

福岡県が開発した「廃棄太陽光パネルスマート回収システム」は、クラウド型のソフトウェアで関係者と情報共有し、回収システム全体の効率化を図ることができる。今後、到来が予想されている太陽光パネルの大量廃棄に備えた循環型のシステムだ。

クラウド型ソフトで情報共有
マニフェストの手続きも可能

福岡県が「廃棄太陽光パネルスマート回収システム」を開発した。県内には太陽光パネルの高度な処理技術をもつリサイクル業者がいるため、効率的な回収システムがあればリサイクルの推進につながるとしている。

「廃棄太陽光パネルスマート回収システム」のイメージは下図の通り。廃棄パネルのメンテナンス業者、収集運搬業者、リサイクル業者などだ。クラウド型のスマート回収支援ソフトで情報共有を行う。

出典:福岡県「廃棄太陽光パネルスマート回収システムの特徴」

スマート回収支援ソフトには、廃棄パネルの保管量や場所、種類などの情報が保存され、産業廃棄物の処理に必要な電子マニフェスト(管理票)の手続きも可能だ。

県外の事業者でも利用可能
パネル大量廃棄時代に備える

メンテナンス業者にとっては、収集運搬業者やリサイクル業者などへの手配が一元化されるなどのメリットがある。また、収集運搬業者は廃棄パネルの回収ルートを最適化し、運搬の効率を上げる効果が期待される。

このシステムは福岡県外の事業者であっても、福岡県太陽光発電(PV)保守・リサイクル推進協議会へ加入すれば利用できるという。福岡県によると、県内の太陽光パネルの難関排出量は2036年に1万トンを超える見通しだ。大量廃棄に備えた循環型システムに期待が寄せられる。

DATA

福岡県 記者発表資料


文:山下幸恵(office SOTO)

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 2022年夏・冬の電力需給は依然厳しく。節電要請や計画停電も検討、経産省...
  2. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  3. 新電力の撤退相次ぐ。電力契約のセーフティネット「最終保障供給」とは?...
  4. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  5. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  6. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  7. 「バーチャルPPA」とは? その仕組みやメリット、制度の動向を解説!
  8. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  9. アセットマネジメントを日本の太陽光市場に根付かせる。
  10. 不完全な電力市場が価格高騰の元凶。道理にかなった細事こそ展望を開く

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.41 | ¥0
2022/4/28発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース