注目キーワード

太陽光発電

「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?

新しい局面に対応する
新ビジネスの活況

注目されているのが自家消費時代に適応した新しい動きである。まず、気づくのが家庭用の蓄電池ビジネスの隆盛であろう。より効率的に自家消費を行うためには蓄電池による家庭内の需給管理が欠かせない。ミュンヘンで毎年開かれているインターソーラーでは、太陽光パネルを押しのける形で多くの蓄電池システムが展示され始めた。

政府も蓄電池システムの重要性から導入に大きな補助金をつけている。このコラムで何度か紹介したドイツの「再エネ発電700%の町ヴィルトポルズリート」には欧州一の売り上げを誇る蓄電池システム会社があり、インターソーラー・ヨーロッパ会場の真正面入り口にどんとブースを構えていた。

ここで勘違いして欲しくないのは、ポイントはどのメーカーの蓄電池かということではなく、どのようなシステムを提供できるかにある。前述した会社が使う蓄電池はソニー製であり、いかに効率的なソフトを構築できるかで勝負をしている。


発展形はVPPと
地域のエネルギー需給管理

家庭内の電力安定化が図られるようになれば、次は複数の発電施設(住宅用PVも含まれる)のコントロールによる地域の面的なエネルギー需給管理が目標となる。最近日本でも注目されてきたVPP(バーチャル発電所)はこうして必然の流れになり、需給管理を広い範囲で支援するビジネスも生まれている。再エネ先進国ドイツで起きることが時間をずらして日本でも起きるのは遅れてFIT制度を導入した日本の宿命とも言える。ドイツの家庭用PVで起きていることは、日本の新しいビジネスの有望な種である。


北村和也
Kazuya Kitamura
エネルギージャーナリスト。日本再生可能エネルギー総合研
究所(JRRI)代表。エネルギーの存在意義/平等性/平和性
という3つのエネルギー理念に基づき、再エネ技術、制度や
データなど最新情報の収集や評価などを行う。
◎日本再生可能エネルギー総合研究所公式ホームページ
http://jrri.jp

< 12

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 12月16日(木)メルパルク東京にて開催決定「第20回PVビジネスセミナー」
  2. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  3. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  4. 低圧O&Mを変える「稼ぐ太陽光メンテ」とは?
  5. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  6. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  9. カーボンニュートラル宣言から10ヶ月「なぜ脱炭素が必要なのか」原点に戻って考える...
  10. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.39 | ¥0
2021/10/29発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース