太陽光発電

航天機電から次世代パネル「銀河」が登場!

2月24日(火)、太陽光パネルメーカー航天機電が都内で会見を行い、低コストと高い発電力を両立させた新商品、両面発電N型単結晶PVモジュール「銀河」を発表した。

「銀河」は、モジュールの両面を活かして限られた面積内で最大限の電気出力を生み出すことができるのが特徴。

さらに、光誘発性劣化がない上、従来使用されていたP型に比べると弱光条件でも高出力を保つという。水面や高速道路への設置、ビニールハウスの建設などでも期待されている「銀河」だが、雪原地域での利用は特に有効である。

裏面パネルの発電がモジュールの全体出力を著しく高めるため、温度が上昇し、表面に積もった雪を溶かすのだ。モジュール上を覆う雪を処理する費用が削減し、発電時間が伸びて余剰の収益を得ることも可能になる。また、両面で発電できる「銀河」は、雪面だけでなく、草原や屋上、白色のコンクリート上など、様々な環境においても反射を利用することで高い発電力を発揮するため、発電需要に応えることも可能だ。

会見では同社グループ日本代表・楊 瑩亮(YANG Yingliang)氏により、今後の日本での展望も語られた。現在、日本国内には同社製品が使用された発電所が多数存在しているが、今後は日本の市場占有率をさらに伸ばしていく方針だという。楊氏は、「私たちは、お客様のニーズに応えることを最優先にしています。低コストで高性能なものはもちろん、日本に高品質で信頼できる製品を提供していきたい」と、市場拡大への意気込みを見せた。


航天機電
http://jp.ht-saae.com/

 

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 12/19(木)開催PVビジネスセミナー「成功する産業用自家消費ビジネス」
  3. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  8. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  9. 『Amazonプライム』の年会費4,900円がゼロに⁉ 大阪ガスが今までにない電力サービスを開始
  10. JCLPがエネ庁へ意見書を提出! 「発電側基本料金」による再エネ負担増を懸念

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.31 / ¥0
2019年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース