「フランス」の検索結果

最新のソーラー技術で世界を変える! 今回はパリ首都圏発のソーラー自転車道をご紹介。エコと安全を両立させた優れものだ。

パリの自転車道、路面上に太陽光パネルを敷設! エコと安全を両立

2019年4月に発生した、ノートルダム大聖堂の火災。仏大統領は、12世紀から建築が始まったこの大聖堂の再建を約束している。それをうけて、多くの建築家がデザイン案を発表。その中には、太陽光発電を導入した、最先端の再建案も出されている。

”再生”がコンセプト! 太陽光発電付ノートルダム大聖堂再建案とは

今年はついに市内全域が対象区域に。環境先進都市パリの自動車規制の取り組みを紹介。

シャンゼリゼがホコ天に!? パリから車が消える一日

ドローンと人工衛星の利点を組み合わせた飛行体「Stratobus(ストラトバス)」が話題を呼んでいる。追跡、通信システム、地上撮影の未来が変わる!

高度2万メートル!? 未知の領域を飛行するドローン

地球温暖化などの影響で海面が上昇し、太平洋の国々は危機に瀕している。そんな中で、人口の浮島を作ることで海面上昇に立ち向かおうとしているプロジェクト、「プロジェ・ディル・フロッタント(フローティング・アイランド・プロジェクト)」が仏領ポリネシアで始まった。

人工的に創られた浮島、ポリネシアの地球温暖化対策

化石燃料に頼らず、どこまで行けるのか?辿り着く先はどこなのか?そこに一体何があるのか?再生可能エネルギーの可能性を確かめる航海が始まった。

太陽光、風力、海水を燃料に、船で世界一周の旅!

フランスで太陽光発電が可能な道路「ワットウェイ」の試用が始まった。20㎡のワットウェイで住宅1戸分の電力を十分に賄えるという。一から道路を作り直す必要がなく、工期が短く済むのが長所だ。

フランスの小さな町で誕生、電気を生むソーラー道路

アクセスランキング

  1. 1位はあの国!? 風力発電導入量の国別ランキング!
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 経産省、「発電側基本料金」の導入へ! 全発電種にkW一律の課金・調整措置の行方は?
  4. 再エネ先進国は、蓄電池導入コストが電力料金を下回る「蓄電池パリティ」へ
  5. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  8. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  9. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  10. これが日本最大の風力発電所だ!出力80MW/年間発電量1億5000万kWh
産運用EXPO2020

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.31 / ¥0
2019年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース