注目キーワード

風力

小型風車の新定番? ダリウス型がやってくる!

風力発電設備の主流は、プロペラ型風車。しかし、風車のスタイルはそれだけでない。 ダリウス型風車なら、騒音や乱流 など、風力発電が抱える多くの悩みが解消される?

 Looopが米社と業務提携
小型風力の独占販売権取得

太陽光発電システムの販売・施工で知られるLooopが、新タイプの小型風力発電設備の販売に乗り出す。小型風車を製造するアメリカのベンチャー企業・Chava Wind社と資本業務提携を行い、同社製風車のアジア太平洋地域での独占販売権を獲得したことによるものだ。

Chava Wind社製風車はダリウス型と呼ばれるタイプで、通常のプロペラ型風車とはまったく異なる構造をもつ。弓のように湾曲した3つのブレードで風を受ける垂直軸の小型風車だ。Looopでは、2018年度から、Chava Wind社製風車「Windleaf2500」の販売を開始する(予定)。


製品予定写真

12>

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  2. 12月16日(木)メルパルク東京にて開催決定「第20回PVビジネスセミナー」
  3. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  4. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  5. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  6. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  7. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  8. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  9. 低圧O&Mを変える「稼ぐ太陽光メンテ」とは?
  10. 【2021年度からのFIT&FIP】低圧太陽光11円・10円へ。FIP移行の道筋も明らかに...

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.39 | ¥0
2021/10/29発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース