注目キーワード

風力

アジアの風力政策に投資申請が殺到 野心的な台湾

世界の再生可能エネルギーを、太陽光とともに牽引する風力発電。その導入拡大の動きは、ヨーロッパだけでなくアジアでも加速している。中でも意欲的な台湾の取り組みについて、日本風力エネルギー学会・石原孟氏に聞いた。

台湾海峡に4GW風力
6.7兆円の投資申請

洋上ウィンドファーム建設の動きは、ヨーロッパだけでなくアジアでも始まっている。アジアにおいて最も進んでいるのは、台湾だ。台湾と中国本土の間にある台湾海峡は、世界的にみても風況に恵まれており、平均風速10m/sの安定的な風が吹く。台湾政府は2030年までに、この洋上に、4000MW(4GW)の巨大ウィンドファームを建設する計画を立てている。このプロジェクトは国際的にも高く評価され、世界大手からの投資申請が殺到しているという。その金額は、なんと合計1.8兆台湾ドル(約6兆7000億円)。台湾当局は、このウィンドファーム建設に約2兆円を見込んでいたというから、既に3倍強の投資申請が来ているというわけだ。

世界の資本が
洋上に向かう

世界の金融資本は、投資先を探している。大規模ウィンドファームは、安定した収益を見込める事業として、恰好のターゲットとなっている。投資を呼び込むためのポイントは、台湾の事例でも分かる通り、政府が確固たるビジョンを示しているか否かだ。
石原教授は言う。「日本も、再生可能エネルギーの導入拡大を図るというのなら、より意欲的な導入計画を示していく必要があるだろう」。

風力大航海時代
→ 第1弾はこちら
→ 第2弾はこちら
→ 第4弾はこちら
→ 第5弾はこちら


取材・文/廣町公則

SOLAR JOURNAL vol.22(2017年夏号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  3. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  4. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  5. 「カーボンプライシング」とは何か? 小泉環境相、年明けから検討再開の意向...
  6. “おうち時間は再エネで” 再エネ新電力に切り替えよう!
  7. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  8. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)
  9. ファーウェイの住宅用パワコンと蓄電池がJET認証を取得。国内販売をスタート!...
  10. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.36 | ¥0
2021/1/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース