地熱・水力 etc

地熱FIT価格、小規模は2020年まで40円で維持! 自立化へ向けた課題は?

この春公表された、2018年度の新FIT価格。太陽光は買取価格が10円台に突入するなど大きな動きがあったが、地熱は2020年まで据え置きに。今後、FITからの自立や地熱発電の普及を目指すにあたり、課題となることとは?

地熱のFIT自立化に向け
仕組みづくりが必要

地熱発電も、小水力発電同様に、買取価格に変化はない。やはり、少なくとも2020年までは現状の買取価格が維持される。1万5000kW未満は40円、それ以上の規模については26円だ。

地熱に関しては、温泉事業への影響など日本ならではの課題もある。調達価格等算定委員会では、「我が国の地熱ポテンシャルは山間部に多いため、海外と比較して、開発コストがかかる傾向にある。FITからの自立化に向け、いかなる政策措置が必要か検討することが求められる」と指摘。

FITに加えて、地元理解の促進や環境アセス(環境影響評価手続)の迅速化など、案件開発を円滑化するための仕組みづくりが重要であることを訴えている。

■地熱FIT価格


取材・文/廣町公則

SOLAR JOURNAL vol.25(2018年春号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 速報! 2020年度FIT買取価格・賦課金が決定! 低圧は認定要件も変更
  2. 太陽光の主力電源化に向けた“O&Mのあるべき姿”とは?
  3. なぜ、いま雑草対策なのか? 軽視できない太陽光発電所の“雑草問題”①...
  4. J-クレジット「再エネ発電」への人気上々。 卒FITも特例で認証へ
  5. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  6. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  7. 「PV自家消費モデル」で伊藤忠が社内外の体制強化
  8. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  9. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)
  10. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.32 / ¥0
2020年1月31日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース