政策・マーケット

2018年、FIT価格変動による太陽光発電の影響って?

2018年度、FIT(再生可能エネルギーの固定価格買取制度)はどう変わったのか。買取価格はこれまで以上にコスト低減を促すものとなり、大規模太陽光から始まった入札の動きは他電源にまで拡がってきた。主力電源化に向けて、新しい環境への対応が急がれる再生可能エネルギーのなかで今回は太陽光発電の変化を紹介する。

買取価格10円台に突入!

事業用太陽光発電(以上2000kW未満)の買取価格(=調達価格)が、2018年度は18円になった。FITスタート時の40円(2012年度)から着実に下がり続け、ついに半値を下回った格好だ。来年度以降の買取価格は決められていないが、2020年の目標として、発電コスト14円/kWhが掲げられている。

2000kW以上については、今年も入札によって案件ごとに買取価格が決定する。落札価格が18円をどこまで下回るか、注目されるところだ。住宅用太陽光(10kW未満)については、昨年度の段階で2019年度の買取価格まで決められており、今回新たな決定は行われなかった。

太陽光発電の買取価格

12

関連記事

2017/02/06 | 政策・マーケット

FIT新時代の“質”の高い事業とは!?

アクセスランキング

  1. 10/22開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  2. 「エアコン感覚」で設置可能! 超コンパクトな蓄電システム登場
  3. 九州電力が国内初の出力制御を実施! 「再エネの主力電源化」へ課題
  4. 洋上風力はFITから「入札制」に移行予定、コスト低減で導入拡大へ
  5. 太陽光発電市場は「水上」に注目! 日本での発展に大きな期待
  6. 水上太陽光発電市場、ポテンシャルは「無限大」!?
  7. 日本は課題が山積み? 欧州に学ぶ「再エネ電力調達」の戦略
  8. ISEP飯田氏が紐解く「再エネのパラダイムシフト」新たな対立とは
  9. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  10. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演
アクシア SMA Jinko Solar LONGi SOLAR

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.26 / ¥0
2018年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース