政策・マーケット

2018年、FIT価格変動による太陽光発電の影響って?

2018年度、FIT(再生可能エネルギーの固定価格買取制度)はどう変わったのか。買取価格はこれまで以上にコスト低減を促すものとなり、大規模太陽光から始まった入札の動きは他電源にまで拡がってきた。主力電源化に向けて、新しい環境への対応が急がれる再生可能エネルギーのなかで今回は太陽光発電の変化を紹介する。

買取価格10円台に突入!

事業用太陽光発電(以上2000kW未満)の買取価格(=調達価格)が、2018年度は18円になった。FITスタート時の40円(2012年度)から着実に下がり続け、ついに半値を下回った格好だ。来年度以降の買取価格は決められていないが、2020年の目標として、発電コスト14円/kWhが掲げられている。

2000kW以上については、今年も入札によって案件ごとに買取価格が決定する。落札価格が18円をどこまで下回るか、注目されるところだ。住宅用太陽光(10kW未満)については、昨年度の段階で2019年度の買取価格まで決められており、今回新たな決定は行われなかった。

太陽光発電の買取価格

12

関連記事

アクセスランキング

  1. コロナによる電力需要減を受け、日本でも「再エネ主力電源化先取り」の兆しが!...
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 出展社募集中! 業界初の太陽光発電の「オンライン展示会」開催が決定!...
  4. コロナ禍で広がる経済への影響。世界と再エネの展望は「安全、安心」が開く...
  5. まるでスクーター! オランダ発、屋根上パネル搭載の小型EVが登場!
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  8. “コロナ後”の日本を変えるのは「地域の具体策」である
  9. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  10. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.33 / ¥0
2020年4月30日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース