政策・マーケット

2018年、FIT価格変動による太陽光発電の影響って?

2018年度、FIT(再生可能エネルギーの固定価格買取制度)はどう変わったのか。買取価格はこれまで以上にコスト低減を促すものとなり、大規模太陽光から始まった入札の動きは他電源にまで拡がってきた。主力電源化に向けて、新しい環境への対応が急がれる再生可能エネルギーのなかで今回は太陽光発電の変化を紹介する。

買取価格10円台に突入!

事業用太陽光発電(以上2000kW未満)の買取価格(=調達価格)が、2018年度は18円になった。FITスタート時の40円(2012年度)から着実に下がり続け、ついに半値を下回った格好だ。来年度以降の買取価格は決められていないが、2020年の目標として、発電コスト14円/kWhが掲げられている。

2000kW以上については、今年も入札によって案件ごとに買取価格が決定する。落札価格が18円をどこまで下回るか、注目されるところだ。住宅用太陽光(10kW未満)については、昨年度の段階で2019年度の買取価格まで決められており、今回新たな決定は行われなかった。

太陽光発電の買取価格

12

関連記事

2017/02/06 | 政策・マーケット

FIT新時代の“質”の高い事業とは!?

アクセスランキング

  1. 2019年度のFIT調達価格は14円/kWh! 前年度から2割超の大幅減額に!
  2. 電力7社が中部電力へ送電、天気予報より日射量・気温ともに低下
  3. 屋根上太陽光発電はブルーオーシャン!? 導入済みの工場は少ない
  4. セカンダリー取引で有利になる、太陽光発電所の”リパワリング”とは?
  5. 〈終了〉2019年1月16日開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  6. 屋根上ソーラーに最適! 耐久性抜群の高品質太陽電池モジュール
  7. 再エネによる資産形成のヒントは「資産運用EXPO」でみつけよう!
  8. 目指すは「日本市場シェアNo.1」大手モジュールメーカーの展望
  9. パネル1枚から設置可能! 小規模&自家消費向け『マイクロソーラー』登場
  10. 太陽光発電と音楽が融合!? 中津川の「再エネ・フェス」が大盛況!
ENEX2019(エネックス 2019) 株式会社エーピーシーメンテナンス 日本BSL株式会社 フリアーシステムズジャパン株式会社 LONGi SOLAR

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース