政策・マーケット

大和ハウス、再エネ100%でまかなう「電力自給自足オフィス」を建設

今年3月、「EP100」と「RE100」に加盟した大和ハウス工業。取り組みの一環として「電力自給自足オフィス」を建設したが、その先に見据える長期的なビジョンとは? 同社の環境マネジメントグループ長・山本氏にお話を伺った。

アイキャッチ:電力自給自足オフィスを体現した「大和ハウス佐賀ビル」。省エネ化でエネルギー効率が2倍になり、再エネ100%で電力をまかなえる。

2040年には
再エネ利用率100%を目指す

今年3月、建設・住宅業界大手の大和ハウス工業は、EP100とRE100に加盟した。双方への加盟は、同業界では世界初だ。きっかけは、昨年11月、同社環境部長の小山勝弘氏がドイツのCOP23に参加したことだった。

同社は、もともと環境長期ビジョンとして、地球温暖化防止を最重要テーマに掲げていた。その手段が、EP100、RE100だという。

2007年からメガソーラーや風力、水力発電等による再生可能エネルギー発電事業を推進。2017年度時点で再エネ発電設備は235MWで、その発電量は同社グループの総電力使用量の約6割に達した。2040年には再エネ利用率100%を目指す。

自社での取り組みを
顧客にも展開したい

同社の山本亮氏は「自社の脱炭素に向けた取組み(省エネの徹底、再エネの活用)を住宅・建築・環境エネルギー事業のお客様にも提案していきたい」と、自社の水平展開だけでなく、本業にも転換する戦略を話す。

その足掛かりとして83.2kWの太陽光発電、75kWhのリチウムイオン蓄電池、井水・太陽熱利用ハイブリッド空調システム等を備えた、電力自給自足のオフィスを、今年2月に建設した。

こうした環境配慮型施設を、本業である住宅、建築、街づくりに応用し、RE100の達成とともに、事業の競争力向上を目指す。

プロフィール

大和ハウス工業株式会社
本社 技術本部 環境部
環境マネジメントグループ グループ長

山本 亮さん


取材・文/大根田康介

SOLAR JOURNAL vol.26(2018年夏号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 太陽光FIT制度、既存案件の買取金額を減額へ! 「未稼働案件」対象に
  2. 大手企業が続々と電力シフト、いよいよ再エネが巨大マーケットに?
  3. 丸紅が石炭火力の権益を「2030年までに半減」と公表、その理由は?
  4. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  5. 台風20号で淡路島の風車が倒壊、日本の風車は果たして”危険”か?
  6. 放っておくと“発電停止”に!? 低圧ソーラー20年運用O&Mが必須な理由
  7. 「HEMS × 蓄電池 × V2H」という住宅の新発想
  8. 九州電力が国内初の出力制御を実施! 「再エネの主力電源化」へ課題
  9. 住宅用太陽光「パネル貼り替えて再FIT契約」は認められず!
  10. ZEH時代を生き残るための蓄電池戦略「まっち」

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース