注目キーワード

政策・マーケット

上海モーターショー特別レポート! 突出する中国と迷走する日本!(後編)

EV化が進み、勢いのある中国に比べ、日本メーカーはどうだろうか。4月16・17の両日、上海モーターショーを見学した、環境経営コンサルタントの村沢義久氏による連載コラム第6回(後編)。

前回記事:上海モーターショー特別レポート! 突出する中国と迷走する日本!(前編)

迷走続けるトヨタ
HVとFCVでガラパゴス化

中国勢の圧倒的なパワーと対照的に、日本メーカーの勢いのなさは情けないばかりだ。トヨタの展示場も予想通り活気がなく、EV時代における存在感の薄さを痛感した。

世界の自動車産業がEV100%に向かう中、トヨタは迷走を続けている。トヨタは4月3日、HV技術の特許(2万3740件)を無償で提供すると発表した。

背景には、中国やカリフォルニアでHVがエコカーから外され、EV化の波に乗り遅れたトヨタの大きなあせりがある。トヨタは、HVでは技術的にも、販売実績でもダントツだ。他社がまねできないような高度な技術で世界制覇を狙ったが、逆に孤立化してしまった。



だからその技術を開放することにより、仲間を増やそうという意図だが、空振りに終わるだろう。HVはガソリンエンジンとモーターを使用するが、エネルギー源としては100%ガソリンに頼っている。すなわち、「燃費の良いガソリン車」でしかない。EV化が加速するなか、世界の自動車産業がHVに「逆戻り」することはないのだ。

トヨタは2015年1月にはFCV関連の特許も無償公開している。やはり、FCV仲間を増やそうとの意図だったが、成果はあがっていない。中国、アメリカ、ヨーロッパがFCV推進に動かず、トヨタは孤立したままだ。そのため、昨年の北京でも今年の上海でも「MIRAI」の展示はしなかった。

トヨタは、上海モーターショーでようやく新型EVである「C-HR」と「IZOA」を公開したが、販売開始は来年からで、今年から始まった中国の新エネルギー車法施行には間に合わなかった。この出遅れを取り戻すのは容易ではない。

大手メーカーの苦戦
テスラに惨敗のGM

日本勢だけではなく、EV時代には老舗メーカーが軒並み苦労している。その好例がGM(シボレー)の「Bolt(ボルトEV)」対テスラ「モデル3」の争いだ。

GMは2016年末に、「ボルトEV」を発売し、「モデル3キラー」と位置付けた。モータージャーナリスト達も「GMが本気になると強い」と予想した。

しかし、結果は「キラー」どころか惨敗。2018年のアメリカ国内での販売台数で比較してみると、売り上げ台数わずか18,019台で、139,782台売れて1位(世界販売台数でもダントツ1位)になった「モデル3」の8分の1だった。

老舗の中で健闘しているのが日産で、「リーフ」は世界3位と頑張ったが、台数的には「モデル3」の6割程度にとどまった。多くのユーザーは、EVを、単なる「エコカー」としてではなく、全く新しい商品と見ている。そういう時代に老舗ブランドは通用しないようだ。

自動車の全面的EV化はもはや既定路線。ベンチャーの育っていない日本の自動車産業にとっては、既存メーカーの衰退はそのまま自動車産業自体の崩壊につながる。トヨタだけで売り上げ30兆円。「EV戦争」に敗北すれば、その影響は自動車産業の枠を超えて、日本経済全体に広がることになるだろう。


プロフィール

環境経営コンサルタント(合同会社 Xパワー代表)

村沢義久


東京大学工学修士。スタンフォード大学MBA。経営コンサルティング会社日本代表、ゴールドマンサックス証券バイスプレジデント(M&A担当)などを歴任の後、2005年から2010年まで東京大学特任教授。2010年から2013年3月まで同大学総長室アドバイザー。2013年4月から2016年3月まで立命館大学大学院客員教授。現在の活動の中心は太陽光発電と電気自動車の推進。Twitterは@murasawa。

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 2022年夏・冬の電力需給は依然厳しく。節電要請や計画停電も検討、経産省...
  2. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  3. 新電力の撤退相次ぐ。電力契約のセーフティネット「最終保障供給」とは?...
  4. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  5. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  6. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  7. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  8. 「バーチャルPPA」とは? その仕組みやメリット、制度の動向を解説!
  9. アセットマネジメントを日本の太陽光市場に根付かせる。
  10. 不完全な電力市場が価格高騰の元凶。道理にかなった細事こそ展望を開く

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.41 | ¥0
2022/4/28発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース