注目キーワード

政策・マーケット

【2021年度FIT】太陽光第9回、前回に続き入札容量が募集容量超え。平均落札価格10.6円

8月27日、FIT太陽光の第9回入札結果が発表された。入札された容量は約270MWとなり、前回に引き続き募集容量を上回った。今回は上限価格が事前に公表されていた。加重平均落札価格は10.60円/kWhで、前回からわずかに下がった。

上限価格を事前に公表しての実施
入札容量が募集容量を上回る

低炭素投資促進機構(GIO)は8月27日、今年度2回目となる固定価格買取(FIT)制度の太陽光第9回入札結果を公表した。出力250kWの太陽光を対象とする入札だ。今回は、上限価格10.75円/kWhを予め公表のうえ実施された。募集容量は224.3357MWだ。

これに対し、215件の入札があり、入札容量は270.0359MWと募集容量を上回った。入札容量が募集容量に満たない状態が続いてきたが、前回の第8回入札から2回連続で募集容量を上回った。

落札の結果、加重平均落札価格は10.60円/kWh、最低落札価格は10.28円/kWh、最高落札価格は10.73円/kWhであった。落札件数は192件、落札された出力の合計は224.3357MWとなった。

入札件数も前回から順調に増加
第10回の入札容量も同日に公表

前回の第8回入札では、募集容量208MWに対し248.8392MW、185件の入札があり、加重平均落札価格は10.82円/kWhだった。今回は入札容量、入札件数ともに前回を上回った。

また、GIOは同日、太陽光第10回入札の募集容量も発表した。今年度3回目となる第10回の募集容量は242.6158MWで、事業計画は現在受付中。期間は9月27日(月)~10月15日(金)となっている。次回も入札容量が募集量を上回るのか、落札価格の下落傾向と合わせて注目したい。

DATA

一般社団法人 低炭素投資促進機構


文:山下幸恵(office SOTO)

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 12月16日(木)メルパルク東京にて開催決定「第20回PVビジネスセミナー」
  2. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  3. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  4. 低圧O&Mを変える「稼ぐ太陽光メンテ」とは?
  5. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  6. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  9. カーボンニュートラル宣言から10ヶ月「なぜ脱炭素が必要なのか」原点に戻って考える...
  10. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.39 | ¥0
2021/10/29発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース