スマート関連

太陽光だけじゃない EV市場No.1中国は国策がすごい

EV・PHVの世界シェアトップの座を獲得した中国。2016年には世界の電動車販売台数のうち、中国だけで44%を占めるようになった。躍進する中国、その秘訣とは?

躍進する中国のEV販売台数
2位と大きく引き離す

OECDと国際エネルギー機関(IEA)による報告書「Global EV Outlook」の2017年版によると、EV、PHVともに、2016年の販売台数は中国がトップである。とくに、EVでは2位のアメリカを大きく引き離している。

『SOLAR JOURNAL』vol.23より転載

これには、中国が国家としてEVの推進に取り組んでいることが功を奏しているといえる。「Global EV Outlook」2017年版によると、その目玉は大きく分けて二つある。「補助金」と「走行規制」の免除だ。

 

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  2. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  3. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  4. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  5. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  8. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  9. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  10. 太陽光の「シェアリングエコノミー」がバングラディシュで普及中!
 

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース