スマート関連

太陽光だけじゃない EV市場No.1中国は国策がすごい

EV・PHVの世界シェアトップの座を獲得した中国。2016年には世界の電動車販売台数のうち、中国だけで44%を占めるようになった。躍進する中国、その秘訣とは?

躍進する中国のEV販売台数
2位と大きく引き離す

OECDと国際エネルギー機関(IEA)による報告書「Global EV Outlook」の2017年版によると、EV、PHVともに、2016年の販売台数は中国がトップである。とくに、EVでは2位のアメリカを大きく引き離している。

『SOLAR JOURNAL』vol.23より転載

これには、中国が国家としてEVの推進に取り組んでいることが功を奏しているといえる。「Global EV Outlook」2017年版によると、その目玉は大きく分けて二つある。「補助金」と「走行規制」の免除だ。

 

12

関連記事

アクセスランキング

  1. コロナによる電力需要減を受け、日本でも「再エネ主力電源化先取り」の兆しが!...
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. コロナ禍で広がる経済への影響。世界と再エネの展望は「安全、安心」が開く...
  4. 出展社募集中! 業界初の太陽光発電の「オンライン展示会」開催が決定!...
  5. 全国の自治体から注目が集まる! サングロウの蓄電池システムで「自家消費」&「BCP対策」...
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  8. “コロナ後”の日本を変えるのは「地域の具体策」である
  9. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  10. 太陽光発電所づくり はじめの一歩!賢い架台の選び方①~「野立て用架台」の選び方~...

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.33 / ¥0
2020年4月30日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース