注目キーワード

スマート関連

太陽光だけじゃない EV市場No.1中国は国策がすごい

EV・PHVの世界シェアトップの座を獲得した中国。2016年には世界の電動車販売台数のうち、中国だけで44%を占めるようになった。躍進する中国、その秘訣とは?

躍進する中国のEV販売台数
2位と大きく引き離す

OECDと国際エネルギー機関(IEA)による報告書「Global EV Outlook」の2017年版によると、EV、PHVともに、2016年の販売台数は中国がトップである。とくに、EVでは2位のアメリカを大きく引き離している。

『SOLAR JOURNAL』vol.23より転載

これには、中国が国家としてEVの推進に取り組んでいることが功を奏しているといえる。「Global EV Outlook」2017年版によると、その目玉は大きく分けて二つある。「補助金」と「走行規制」の免除だ。

 

12>

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  4. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  5. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  8. 未稼働案件のFIT認定失効制度、運転開始期限を見直し。太陽光以外にも適用...
  9. 自己託送を「日本版コーポレートPPA」に。経済産業省が要件の見直しスタート...
  10. 【続報】発電側基本料金、電力量にも課金へ。容量課金とは1対1の比率

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.37 | ¥0
2021/4/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース