太陽光発電

傾斜角度は65度!? 特殊機能を備えた追尾式架台!

世界有数の太陽光追尾式架台メーカーとして、世界中に製品を提供しているアークテックソーラー。バックアップ率99.99%を誇る追尾式架台の秘密とは? 同社日本法人社長に聞いた。

中国・江蘇省に本社を置くアークテックソーラーは、太陽光追尾式架台(トラッキングシステム)分野で世界有数のメーカーおよびソリューション・プロバイダーだ。創業は2009年で、それから8年間、中国に製造拠点を、アメリカ、インド、ヨーロッパなどに子会社とサービスセンターを設置した。また、日本法人としてアークテックソーラージャパンを東京都港区に置いている。

同社が追尾式架台の開発に着手したきっかけは、近年の太陽光システム価格の続落だ。同社社長のガイ・ロンさんは、「この値下がりの中で成長を続けるために、何かを変えなければいけない。そこで、シリコンパネルのための追尾式架台を作ろうと思ったんです。」と語る。

パネルのコストを抑えるのではなく、発電効率を最大化してエネルギー生成量を増やす。そんなコンセプトから、同社の太陽光追尾式架台が誕生したのだ。

大きな特長は「バックアップ設計」になっていること。メインシステムが故障した場合、15秒間のうちに自動的にバックアップシステムへと切り替わる。それにより、発電所の発電量に影響を及ぼすことなく、オーナーの収益が保証されるのだ。緊急メンテナンスの必要がないため、メンテナンスコストも削減できる。

ガイさんは「両方のシステムに不具合が出る確率は、計算上は0.01パーセント。実際はもっと低いでしょう。もし何か問題があれば、エンジニアがすぐにメンテナンスに行くだけです」と安定性に胸を張る。

また、傾斜角度も大きくした。これまでの標準規格の45度では、ひとたび雪が降ればモジュールの上に積もり、自然に落ちず発電できなくなる。そこで、雪が引力で自然に落ちるよう、最大傾斜角度を45度から65度にまで拡大した。

同社はこれまでに累積で10GWの設備を設置し、10ヶ国以上で600近くのプロジェクトを成功させてきた。製造能力は固定式架台と追尾式架台を合わせて年間9GWにも上る。まだまだ引き合いは続いており、しばらく同社の成長が歩みを止めることはなさそうだ。


アークテックソーラージャパン社社長のガイ・ロンさん


取材・文/大根田康介

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 電力会社が再エネに注力! 重い腰が上がり始めた背景とは(前編)
  4. 大好評「PVビジネスセミナー」9/24(火)に大阪で開催!
  5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 経産省、「発電側基本料金」の導入へ! 全発電種にkW一律の課金・調整措置の行方は?
  8. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  10. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.30 / ¥0
2019年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース