太陽光発電

「入札制度」日本には早い!? 大先輩ドイツに学べ!

2017年度から、2000kW(2MW)以上の非住宅用太陽光発電は入札制となった。この制度によって、落札した価格が買取価格となる。第一回入札実施は2017年10月頃に予定されているのだが、どんな影響があるのだろうか。入札制度を導入済みのドイツと比較しながら、入札制度の運用について村沢先生がよみとく!

ドイツで先行する入札制度
日本の導入は早すぎる!?

今年度から、2000kW(2MW)以上の非住宅用太陽光発電は入札制となり、落札した価格が買取価格となる。第一回入札実施は2017年10月頃に予定されているのだが、どんな影響があるのだろうか。

再エネの大先輩ドイツでは
入札制度が本格化

ドイツの再エネ政策については否定的な見方をする向きもあるが、筆者は大きな成功を収めつつあると見ている。実際、固定価格買取制度(FIT)が導入された2000年以降、再エネによる発電量が急増し、総電力需要に占める割合は2000年の6.5%から、2015年には31.6%にまで拡大した。また、2016年5月8日には、総電力消費量に占める再エネの割合が一時的に約88%(過去最高)に達した。

そのドイツは、今、固定価格買取制度から入札制度への移行の真っ最中だ。すでに2015年4月から、年3回の入札が試行的に行われ、2017年1月1日から改正再エネ法(EEG -2017)が発効し、ポストFITの入札制度が本格化した。

2017年の改正法では、入札対象が拡大し、太陽光、陸上風力、洋上風力、バイオマスを含むようになる。ただし、750kW(バイオマスは150kW)以下の発電設備は入札対象外であり、引き続きFITの対象となる。

制度改正でドイツの再エネ導入のペースが鈍るのではないかとの懸念もある。しかし、総電力消費量に占める自然エネルギーの割合を、2025年までに40〜45%、2035年までに55〜60%、2050年までに少なくとも80%まで高めるという目標は維持され、送電線拡大の努力も続けられているので、あまり心配することはないと見ている。

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 沖縄本島初! 蓄電システム付き太陽光発電所完成!
  2. 急斜面でも設置可能! 太陽光発電で人気の「高強度架台」の実力とは?
  3. 世界最大級の「高効率蓄電システム」がハワイに完成、構築方法は?
  4. 水上ソーラーに注目! 全国21万ヶ所・フラットで造成不要
  5. 【2/25開催】長島彬さんのソーラーシェアリング講演会、参加受付中!
  6. “地域密着型”新電力の強さとは? 福岡県「やめエネルギー」の事例
  7. 『ソーラーアセットマネジメントアジア』開催! チケットの割引特典も
  8. 『スマートエネルギーWeek』はこう攻めろ! 最大の効果を狙うコツは?
  9. 再エネ拡大だけではない、民間新電力が目指す「人が残るまちづくり」
  10. 「モジュールやケーブルからの火災事故等は100万件に1件」JPEAが説明会

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.28 / ¥0
2019年1月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース