太陽光発電

FIT終了後も再エネは拡大 今後のビジネスの流れとは

改正FIT法の施行、そして8月末の施行規則の改正など、太陽光発電ビジネスは人々の生活に寄り添える形を探して変化を続けている。太陽光業界のトップランナーたちに、戦略と展望を聞く人気シリーズ。今回は株式会社Looop(EPC/新電力)の若林輝男氏と、Krannich Solar株式会社(商社)の川畠義史氏に話を聞いた。

創エネから供給まで
人類の幸せな未来のために

「消費」から「循環」へ。東日本大震災を契機として、Looopは自然エネルギーを世界中に広げ、持続可能な社会を実現するために誕生しました。被災地に太陽光パネルを設置するボランティア活動からスタートした私たちですが、今日ではエネルギーを創るだけでなく、それを供給する電力小売事業にも力を入れています。

例えば低圧電力「Looopでんき」においては、ZEHの普及が本格化してくることをにらみ、住宅用太陽光発電システム「LooopHome」や家庭用蓄電池「Looopでんち」と組み合わせた、お得な電気料金メニューも新設しました。

背景にあるのは、価格的にも魅力あるプランを設けることで、自然エネルギーをもっと身近に感じてほしいという想いです。

こうした取り組みは多くの方々の共感を呼び、「Looopでんき」は2017年9月末時点で約60,000件を超えるご契約をいただいております。

FITはやがて終わっていく制度ですが、自然エネルギーの重要性は大きくなるばかりです。自然エネルギーが普及していけば、いつの日かエネルギーフリーな社会も夢ではなくなるでしょう。私たちLooopは、電力の先にある人類の幸せな未来を創造していきたいと願っています。

PROFILE

株式会社Looop EPC事業本部 営業部 住宅設備営業課 課長

若林輝男氏

 

12

関連記事

2017/02/26 | 政策・マーケット

再エネ利用は農山漁村を救えるのか?

アクセスランキング

  1. 速報! 2020年度FIT買取価格・賦課金が決定! 低圧は認定要件も変更
  2. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  3. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  4. 「PV自家消費モデル」で伊藤忠が社内外の体制強化
  5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  6. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)
  7. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  8. なぜ、いま雑草対策なのか? 軽視できない太陽光発電所の“雑草問題”①...
  9. 【FIT抜本見直し概要】地域活用電源に関する制度の在り方はどうなるのか。...
  10. 欧州一の売上を誇るSonnen社の蓄電池システムとは?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.32 / ¥0
2020年1月31日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース