太陽光発電

住宅用最安のkW19.8万! Looopの太陽光発電がスゴい

「MY発電所キット®シリーズ」を日本全国に販売しているLooopが、住宅用太陽光発電システム「Looop Home」を発売。住宅用太陽光発電の普及拡大を目指す。

新型パネルを搭載
高品質で低価格なシステム登場

産業用のオールインワン太陽光発電キット「MY発電所キット®シリーズ」で、2015年末までに累計1465件の販売実績を積み上げた株式会社Looop。同社は、2015年より電力小売事業もスタートし、様々な事業分野で「自然エネルギーの最大普及」を目指している。

そのLooopが、耐久性に優れた両面ガラス構造の新型パネル「NEXTOUGH®」を搭載した住宅用太陽光発電システム「Looop Home」を発売した。スマートハウス化が後押しする住宅用太陽光発電市場においても、産業用で培ったノウハウと商品開発力を活かし、高品質で低価格なシステムで普及拡大を目指す。

Looopの住宅用システムは、国内メーカー最安値クラスの価格(kW単価198,000円~)を実現しながら、パワーコンディショナに国産の最新モデルを採用。国内メーカー唯一のパネル出力30年80%リニア保証も提供するなど、品質面でもトップクラスを誇る。

住宅用太陽光発電のさらなる普及を後押しする新製品の登場だ。

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  4. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  5. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  6. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  7. 7/24(水)開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  8. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  9. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  10. 2030年度には電力小売事業の「PPA」が市場規模400倍に

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース